神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

魚介出汁香るラーメンは透き通る淡麗さ『暁製麺』

今回ご紹介するのは奈良のラーメン屋さん『暁製麺』です。
魚介スープと聞いてどんな印象を受けますか?僕はどちらかと言うとこってりした印象があります。多分そういう風にまとめているお店が多いからなんでしょう。
今回のお店も魚介スープをメインの一つとしていたんですが、そんなこってり魚介系ラーメンとは一線を画するお店でした、では今回はそんな暁製麺さんをリポート。

f:id:aoi0730kanon0930:20190907220517j:plain

店舗概要

このお店があるのは奈良県、地名でいうと磯城郡というあんまり馴染みのない名前かもしれませんが、『奈良健康ランド』の近所な他、国道24号線が奈良から和歌山に差し掛かる辺りでもあって、結構ここ以外にもラーメン屋が集中していて、しかも口コミ評価の高いお店ばかり。

奈良の隠れラーメン激戦区

それがこの界隈です。

他の誰も呼んでませんが☆

名づけは誰かがなさねばなりません。
黒地に中を大きく見渡せるガラス張りの外観と、店内も木を基調としたデザインが目に優しいお洒落な空間がひろがります。BGMはジャズ、カフェか何かと見間違いそうな位です。この男前な看板さえ出ていなければ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190907221857j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190907221924j:plain

営業時間
 平日/11:00~14:00、18:00~21:00
 土日/11:00~15:00、18:00~21:00
定休日:水曜日

メニュー・味

メニューです。メインは(多分)魚介だしらぁ麺(麦にめん)と鶏豚だしらぁ麺(麦にめん)、そこに担々麺、汁なし担々麺、そして数量限定の吉備女子(きびなご)だし香る節らぁ麺がインします。

f:id:aoi0730kanon0930:20190907222617j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190907222619j:plain

魚介が何の出汁かわからないですが、恐らくは吉備女子以外でしょう。
メインのだし系か、担々麺にするかかなり迷いどころではありますが、今回は

f:id:aoi0730kanon0930:20190907223901j:plain

吉備女子香る節らぁ麺を選択。これだけ何故かラーメンの麺が麦にめんと書かれていないのかは謎。

多分そんな細かいツッコミする人がおらんからやで☆

結構濃そうにも見えるかもしれませんが、かなりあっさりです。見ての通りトッピングもお洒落そのもので、アジア系スープ料理と言われてもそんなに違和感がありません。
細麺はどちらかこってりしたスープに合わせてあるのをよく見るんですが、不思議とこのあっさりスープにもマッチします。多分スープはあっさりですが、しっかりと魚介出汁の味が感じられるからだと思います。

美味しくて健康

そんなフレーズが似合う、何だか薬膳のテイストすら感じられるラーメンです。
魚介だしらぁ麦めんです。絵的にほぼ同じ風に見えますが、別メニューです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190907230221j:plain

こちらはさらにあっさりな感じ。上のもそうですがあっさりだと物足りなく感じそうなところですが、食べた後の満足感はやはり魚介の香りのなせる業でしょう。

ポモドーロとトマトパスタを頼んだらほぼ同じものが出てきました。

某イタリアンのお店で、よく分からずにチョイスした時も同じような衝撃を受けましたが、たまにこういう事もあります。

メニューの研究は最低限行ってから訪問するようにしましょう☆

アクセス

奈良県磯城郡国道24号線『阪手石橋』交差点南へ。前面に駐車場が数台分あります。

まとめ

今回はこれで以上です。
冒頭でも触れた通りこの『磯城郡』と言う場所は個人的にほんとに美味しいラーメン屋さんがひしめいている気がします。東には奈良の史跡や古墳といった奈良時代エリア、南は神武天皇陵と橿原神宮と、歴史散策には行先にまったく困らない場所なので、春・秋は特におすすめ。