神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

滋賀水口の酒蔵さんは不思議な香りのするお酒が『美富久酒造』

今回ご紹介するのは、水口にある蔵元さん『美富久酒造(みふくしゅぞう)』です。
水口と言うのは滋賀県甲賀市にある地名の一つなんですが、『柏木神社』という立派な神社の参道に蔵を構える蔵元さんで、結構変わったお酒の取扱いが多い事も印象に残る一つ。では、今回はそんな美富久酒造さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190502235115j:plain

酒蔵概要

この酒蔵さんは滋賀県甲賀市にあります、水口というのは水口城址を中心とするかつての城下町で、『水口』の名の通り水が綺麗、加えて近江の平野から美味しい近江米が供給されるという酒造りには理想的な街です。この水口を含む甲賀地方には滋賀県の酒蔵の実に3分の1が集まる『近江の灘』と呼ばれる地域なんだとか。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507212503j:plain

美富久酒造さんの歴史は古く、創業は大正6年(1917年)。一昨年丁度創業から100年を迎えた古くから地域に根付いた酒蔵さんを心がけているという事で、製法も昔ながらの酵母を使った発酵による手造りで醸造しているのが特徴と言えます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507225207j:plain

店内の様子とかお酒のラインナップとか

酒蔵と直売店が併設されているんですが、今回は時間の都合上、直売店のみの訪問。
メインのお酒はメーカー名でもある『美富久』。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507211713j:plain

この美富久酒造さんでは例年3月に蔵祭りをされるそうで、お酒の量り売りやら、抽選や酒粕詰め放題やらとイベント盛り沢山、その際の記念酒が。挿絵が可愛い。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507211739j:plain

あと、この酒造メーカーさん一押しやったのがこの三連星。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507215806j:plain

絵間違ってるで☆

ほんまにこれが飾ってあったんです。お酒はこちら、キンキンに冷やして飲むと美味しいんだとか。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507220210j:plain

他にも梅酒や、甘酒などバリエーション豊富。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507223917j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190507223918j:plain

飲んでみた

全部欲しかったんですが、予算と母ちゃんの視線の都合上、この2銘柄を購入。
まずは三連星の紫。ラベルのデザインがシャープです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507220653j:plain
不思議な印象、日本酒と言うより口当たりはワインの様な感じがします、とてもフルーティで、ブドウの様な甘味を感じる一方で飲んだ後は爽やか。日本酒と赤ワインのいいとこを集めたようなお酒。

 


初桜。さっきのが赤ワインならこっちは白ワインといったところでしょうか。ふんわりと鼻を抜ける香り高さがほんとに飲んでいて心地よいお酒です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507221834j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190507221837j:plain

アクセス

滋賀県甲賀市内国道1号線『西名阪』交差点南へ。駐車場無し。

まとめ

今回はこれで以上です。
水口は観光にもいい街で、城下町の風情がそのままに残っていて、この酒蔵さんの面した通りもレトロ感たっぷり。

f:id:aoi0730kanon0930:20190507223107j:plain
この酒蔵さんは、家族経営なのか店員さんもお酒の内容にも種類にも詳しくて親切なので、訪れる価値あり。お勧めのお酒を紹介してもらうも良し、自分の好みを伝えてチョイスしてもらうも良し、車じゃなきゃ試飲も出来るので自分好みのお酒がきっと見つかると思います。