神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

キングオブ王道京都ラーメン『金の豚』

今回は京都市にあるラーメン屋『金の豚』さんのご紹介です。
結構見通しのいい交差点沿いにあって看板も大きく見えるけど気が付けば通り過ぎてしまう不思議なラーメン屋さん。
詳しくは本編で解説していきます、では『金の豚』さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190731222927j:plain

店舗概要

しゃぶしゃぶ食べ放題ではありません。

わかるよ?

京都駅の少し南側にあるぱっと見ほんとに普通のラーメン屋さん、外観も普通のラーメン屋さんなら内装もこれぞ普通のラーメン屋さんと言わんばかりの雰囲気。
そんな中ラーメンは、やっぱり普通のラーメンです。

悪口やん☆

いや、普通のラーメン屋って最近少なくて、外観もラーメン屋っぽくなかったり、ここのラーメン屋は外観も内装も『ラーメン屋』と言われて何となく思い浮かべるそのまんまと思って頂いたらいい、そんなノスタルジックラーメン屋、それが『金の豚』さん。これはもう一つの個性と言っていいでしょう。

そこはかとなく馬鹿にしてる感じは拭えないけどまあいいでしょう☆

そういうつもりは全くないんですが、日本語難しいです。
営業時間/11:00~17:00(定休日曜日)

メニュー・味

メニューです、メニュー表と言う物はなく壁の掲示のみ。ラーメンの種類はノーマルが醤油、他にみそ、ピリ辛の3種類。

f:id:aoi0730kanon0930:20190731223509j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190731223742j:plain

定食のバリエーションが豊富で、焼きめしや変わり種の牛すじ煮込み丼セットなどがチョイス可能です。あと、別建てで掲示されている一際アピール感がすごいのがとんかつ定食。この地元の定食屋さんポジションを兼ねてそうなメニューラインナップも昭和のラーメン屋さんを思わせます。
今回はメインメニューでもあるラーメンをチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20190731223942j:plain
醤油です、ベッタベタの王道です。チャーシューの大きさがサービス精神旺盛に感じるほかはほんとにオーソドックスで、普通の、直球勝負な、交じりっけなしの

しつこい☆

一味なし、背脂なしのあっさり醤油で麺はストレート細麺。なので、最後まで飽きずに食べられます。昔のラーメンって全部この味だった気がします。この味の中で美味しいまずいを酷く狭い範疇でジャッジしていた中美味しかったラーメン屋の味、そんなところでしょうか。この味恐らく

腹いっぱいでも食べ進められる美味しさです

伝える努力は認めるけど全然入ってこないわ☆

焼きめし。

f:id:aoi0730kanon0930:20190731225312j:plain

これもかなり王道、というか初めて食べたのにずっと知ってる気がする味、チャーシューがゴロゴロと混入していて食べ応え抜群、ボリュームも十分。

アクセス

京都市内『十条油小路』交差点南東角。地図の通り、このラーメン屋最大のネックはアクセスの悪さ。近鉄十条駅からの徒歩なら問題ありませんが、店の前面道路の油小路通を北向きでなければ近づけず、しかも店の手前で分岐した側道側に入らないといけないので、予め立地事情を知らなければ必ず一回は通り過ぎることになります。

まとめ

今回はこれで以上です。
この手のラーメン屋はほんとに少なくなりました。系統としては来来亭とかたかばしラーメンから粗い特徴的な部分を除いたラーメンと言う風に想像してもらえればよいかと。

最近のラーメンごちゃごちゃしすぎ!

そんな不満をお持ちの方にこそ食べて頂きたい一杯です。

【厳選食品安心堂】洋麺屋五右衛門 オフィシャル通販ショップ