神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

つけ麺のおいしさは奈良有数。麺翔『とんび』

今回は奈良にあるラーメン屋『麺翔とんび』さんのご紹介です。
奈良の奈良公園以南は最寄の公園行こう位の感覚で古墳が点在する他では中々見かけない地域事情があります。
このラーメン屋さんも『佐々木塚古墳』が近所にあります。
それ以外これといって取りたてて目立ったものもない、普通の住宅街に面した一見普通のラーメン屋さんなんですが

出会いとはいつも唐突に訪れるものです

晩飯食べに行っただけやんな☆

では、今回は『麺翔とんび』さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190423231249j:plain

店舗概要

お店は奈良県磯城郡という地域にあります、奈良健康ランドでおなじみ天理市のお隣です。この辺りは閑静な住宅街と近鉄橿原線という下町感溢れる界隈なんですが、そんな中で地元の人たちに親しまれているお店です。
店内はテーブル9席・カウンター6席という、どちらかと言うとファミリー層を意識したタイプのフォーメーションです。
営業時間
・11:00~14:00、18:00~0:00(L.O23:45)
水曜定休

メニュー・味

メニューです。ラーメンとつけ麺ともにベースはとんこつしょうゆ。トッピングが豊富なのが特徴と言えます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190423232740j:plain

今回は晩御飯での訪問だったので、お得なランチメニューのオーダーが叶わなかったんですが、サイドメニューは単品でも比較的安価にまとめられているので、そこまでこだわる必要もないかもしれません。

今回はつけ麺を選択。

f:id:aoi0730kanon0930:20190423233021j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190423233023j:plain

あっっっっつ!!

おっさんの猫舌治らんねぇ☆

つけ汁鍋で煮た後、チーン!いうてはったんで、ある程度予想はしてたんですが斜め上いきました。

チャーシュー+メンマ+煮卵は割とオーソドックスと言えそうです。
つけ麺にしては麺が細く、つけ麺でよく見かける香り付け・風味付けに魚粉ではなく、カツオ粉を使用しているというのが斬新。
これが凡百のつけ麺と一線を画している要因の一つやと思います。しょうゆ独特の酸味と塩気、とんこつの甘味、それを多分魚粉では消してしまいかねないところをかつおにしてある事で、非常に美味しく、かつ飽きの来ない味でした。風味最高。

卵かけご飯より高額な〆めしを追加オーダー。
煮卵+チャーシュー細切れ、底面にはタレも敷き詰めてあるそうです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190423234113j:plain

美味しく食べるコツは

  1. つけ汁を割りスープで心持薄めます。
  2. レンゲで五杯くらい飯の上からかけます。
  3. 煮卵を崩しながらしっかりと混ぜ合わせます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190423234117j:plain

自分で考えたように言うたけど全部店長からの受け売りやんな☆

この味は庶民にしかわからないでしょうね、この盛り付けとは無縁なグチャっとした混ぜ具合、美味しいものと美味しいものを混ぜたらもっと美味しいという短絡シンプルな発想。

うまいうまいいうて貪り食ってたものを何故ディスる

庶民にだけ与えられた味と言いたかったんです、庶民サイコー。
つけ汁に飯を投入するのではなく飯につけ汁をかける事はもう一つ、割りスープも楽しめる一杯三度の変化を楽しめるというのも大きな特徴と言えるでしょう。

このラーメン、2杯いける

そうやってその体型を維持しているのね、わかります☆

アクセス

近鉄橿原線結崎駅』徒歩4分。駐車場は店前に4台、共用含め計12台あり。

まとめ

今回、このラーメン屋さんを見つけたのは全くの偶然ですが、ここら辺から明日香、葛城、御所辺りは自然散策や神社・古墳巡りに適しているので、出会う事は必然やったと言えます。つけ麺ってボリュームある代わりに食べてる間に飽きてくるのがネック、ただ、ここのつけ麺は最初から最後の一滴まで余すところなく美味しく頂くことが出来ます。色々食べてますけど、ここのつけ麺はかなり美味しかった、機会があれば一度ご賞味ください。

合わせて訪れたいスポット

www.aoimon.net

www.aoimon.net