神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ベトナム風サンドイッチ屋さん『チョップチョップバインミー』

今回は京都宇治にあるテイクアウトのお店『チョップチョップバインミー』のご紹介です。『バインミー』ってなんだかわかりますか。ベトナムのサンドイッチをいうそうで、本来はパンを総称する言葉なんだとか。
今回はそんなアジアンテイストなサンドイッチのお店『チョップチョップバインミー』さんをレポートしていきます。

店舗概要

お店は宇治市『大阪屋マーケット』内

このお店があるのは京都府宇治市。駅前商店街にある『大阪屋マーケット』入居店舗の一つという位置づけになります。当ブログでも度々掲載させていただいてますが、一時期はシャッターが閉められてすらいたちっちゃな横丁は今や8店舗が入居し、しかも個性豊かなお店ばかりが揃う賑やかな場所になりました。

最奥にあるアジアンテイストなネオンのお店

もう奥にお店は出来ひんやろうからのまさかの8店舗だったとはいえ、さすがにスペース的にもこのお店が最奥となるでしょう。アジアンテイストなネオンが雰囲気を感じさせてくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110220951j:plain

テイクアウトが主な形態のようですが、簡単な立食用のテーブルが用意されているほか、あんまりなじみのない俄然気になるドリンクも用意されているので、イートインのような感覚での利用も可能なようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110221210j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210110221213j:plain

アクセスなど

  • 営業時間:9:00~18:00
  •  定休日:月曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:京都府宇治市宇治妙楽41 大阪屋マーケット内

12/25から2020年内にかけてプレオープンにて営業されていた関係からか、昼過ぎくらいに訪問しても既に完売、という日が続いていましたが最近は大丈夫なので是非ご来店くださいという事でした。

メニュー・味

バインミーは現在4種

紙のメニューの代わりにこの実物大のレプリカが配置されています。
とても分かりやすい。今後はレギュラーメニューをこの4種で固定して限定や新メニューを追加していく戦略なんだとか。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110222746j:plain

店主は人の良さがにじみ出る、口ひげがチャーミングな店長。もう一人は奥様と思しきこれまた柔和な女性。

持ち帰り用に包装してもらったものがこちら、プリントシールが愛らしい。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110224810j:plain

オリジナルバインミー

このお店のメインメニューと思われるのがこのオリジナルバインミー

f:id:aoi0730kanon0930:20210110233657j:plain

お値段720円にもしかしたらちょっと二の足を踏んだ方もいるかもしれませんが、それがこの答えです。本場の味付けに欠かせないパクチーと自家製マヨネーズ、それに数種のドレッシングを降りかけるのを目の当たりにしながら、作り上げられていくこのサンドイッチは出来上がるころには俄然食欲が掻き立てられます。
切ってみた断面がこちら。奥の方まで具材はぎっしり。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110234025j:plain

ランチなら栄養もボリュームもこれ一つで十分といったところ。

サバカレーバインミー

オリジナルに辛味がないという事だったので、もう一つは敢えてのピリ辛メニューをチョイス。といっても辛さはアクセント程度です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110234245j:plain

こちらは、口に頬張る瞬間ジューシーなサバとカレースパイスの香りが飛び込んできて、ついよだれがあふれるような感覚に陥ります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210110234413j:plain

こちらも野菜の瑞々しさを存分に味わえる一品、スパイシーだけどあんまり辛さを感じないカレー風味とサバのコラボレーションは中々癖になる味わいです。

まとめ

今回はこれで以上です。
行こう行こうとチャレンジしたものの、売り切れに阻まれていたのが今回やっとの訪問となりました。一度食べたらわかるこの病みつき感はリピート確実。お昼ごはん、テイクアウトでボリュームも求めるならズバリここです。