神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

麵屋昊鶏はクリーミーな昊鶏麺だけじゃない。昊塩麺こそ至高

今回は滋賀県にあるラーメン屋『麵屋昊鶏』さんのご紹介です。
こちらのメニューでは、濃厚でクリーミーないわゆるエスプーマスープの昊鶏麺ですがそれだけじゃありませんでした。今回はそこら辺も含めてこのお店をレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110120103j:plain

店舗概要

お店があるのは滋賀県湖南市

このお店があるのは滋賀県湖南市。真ん中を東西に野洲川が流れ、湖南三山など歴史も風景、特に紅葉について定評のある名刹も多く点在する風光明媚な街です。

www.aoimon.net

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~15時00分、18時00分~21時00分
  •  定休日:木曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒520-3234 滋賀県湖南市中央2丁目94−1 麺屋そらどり

チェーン店のラーメン屋の様に大きな看板が出ているわけではない上に西側から向かう場合は、手前の建物の影に隠れて見えにくいので行き過ぎてしまわないように注意です。

メニュー・味

ラーメンは4種

メニューです、食券制。少し時間が遅かったためか、つけ麺は売り切れ。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110112544j:plain

ご飯はセルフで食べ放題

チャーシュー丼というサイドメニューのご飯ものもありますが、ラーメンオーダーでご飯は食べ放題というありがたいサービスがあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110113312j:plain

あと、それに加えて漬物も食べ放題ですなので、これらもう無料でついてきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110115057j:plain

昊鶏魚介麺

今回はノーマルの昊鶏麺に魚介風味をプラスした昊鶏魚介麺をチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110113412j:plain

スープだけでなくチャーシューも鶏、彩り豊かなレッドオニオンとカイワレがシャキシャキでアクセントもGOOD。一見すると濃厚そうに見えるんですが、一緒に頼んだたれとりかつの後で食べると味が変わってしまうくらいなので、かなり繊細な味なのかもしれません。食べるときは単品オーダー推奨です。

昊塩麺

このお店のメニューを見ればクリーミーな昊鶏麺に目がいきがちですが、真に美味しいメニューはこちら。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110114355j:plain

一見するとすっきりとした味わいのスープのようですが、鶏脂と思しき濃厚なスープの上に塩昆布のようなトッピングが更に味わいにアクセントを加えていて、とても美味しい。スープが単品として成立するおいしさで、どのくらい美味しいかというと当家の子供(9歳と4歳)が最後の一滴を取り合うほど美味しかったという事です。

たれとりかつ

ご飯無料なので、サイドメニューに注力することが出来ます。なので今回はこのお店一押しのたれとりかつをオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110115216j:plain

あっさりしたソースが程よく染みて、とんかつ牛かつと違って食感が柔らかくてジューシー。
さて、ここはご飯・漬物が無料なのでセルフで丼を作成する事も可能です。
まずは8分ほどに盛ったライスの上にラーメンのスープを振り掛けて、上に漬物。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110115522j:plain

そこへたれとりかつの付け合わせ野菜、とりかつの順に載せていけば完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110115627j:plain

正直、とりかつとご飯は一緒に食べられないのですが、頼んでもいないのに丼が食べた気になれるちょっとお得メニューという訳です。

まとめ

今回はこれで以上です。
湖南~水口の辺りというのは結構レベルの高いラーメン屋が点在する場所として個人的におすすめのエリアだったりするんですが、そのエリアの名折れないお店でした。
いつも子供が米を食べてくれなくて困るところなんですが、ふりかけを快く提供してくれたりさりげない親切が光るお店でもあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20220110120016j:plain