神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

素戔嗚尊を祀る関目神社。そのご利益を一身に受けられる天衣無縫守に注目。

今回は大阪にある須佐之男命神社こと、関目神社のご紹介です。
ここは街中に紛れるようにして建つ、一見何でもないような地元の神社なんですが、実はここで授かれるお守りがよく効くと一部で評判を呼んでいる神社だったりします。
では、今回はそんな関目神社に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210004323j:plain

関目神社概要

神社があるのは城東区

この神社があるのは大阪市城東区。京阪にも大阪地下鉄にも『関目駅』があるんですが近いのは地下鉄谷町線の方。関目という地名は『目で見る関所』という意味から来ていて、この辺りは大阪城守護上で重要拠点とされていました。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210004201j:plain

かつて『関目の七曲り』と言われていたそうで、大阪を拠点とする豊臣秀吉はこの近辺の道をくねくねまげて造った道を指しているんだとか。
そして、この北方の守護を祈念する意味合いから日本有数の武神『素戔嗚命』をご祭神とするお社を建てた、それがこの関目神社の興りとされています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210004636j:plain

ご祭神とご利益

という訳で、この神社のご祭神は

ご利益は縁結び、学問成就、厄除けに五穀豊穣。暴れん坊とヒーロー、その二面性を持つ神様ですが、この神社のご利益ではヒーローそして八岐大蛇から自ら救い出しそのまま娶った妻の『櫛名田比売クシナダヒメ)』良き夫としての面が前面に出ているようです。 

www.aoimon.net

とはいえなんといっても武神として名高い素戔嗚命。特に厄除けには強力なご利益を発揮してくれる神様です。

アクセス

大阪市城東区国道1号線『関目5東』交差点を南西へ。うっかりしていると見過ごしてしまいますので、注意しましょう。駐車場はすぐ向かいにコインパーキングあり。

境内散策

境内はそれほど広い神社ではありませんが、何か不思議な雰囲気を感じさせる神社です。

ご本殿・ご拝殿

鳥居からすぐ奥に見えるのがご拝殿とご本殿。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210010115j:plain

関目発祥の地

この地名というよりここの地理的な意味合いが重要なようですが、境内には関目発祥の地という石碑まであります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210010754j:plain

ご朱印・授与品

ご朱印

御朱印は拝殿すぐ脇の社務所にていただけます。割とシンプルながら、味わいのある字体です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210010906j:plain

天衣無縫守

こちらの神社で密かに話題に上っているのが授与して頂けるお守り。種類も多くて、個性的なお守りが揃っているんですが、その中でも強力と噂されているのが『天衣無縫守』。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210010942j:plain

天衣無縫というのは自然体そのままが完全体で美しい事を指します。天人・天女の羽衣には縫い目が全くないのに、完璧で美しい衣である事を語源とする言葉です。
持っていると完全無欠になれるという強力なご利益が一部では有名なお守りです。
つまり持っていれば何も怖いものが無くなるという、八岐大蛇すら倒してしまう武神『素戔嗚命』のご利益を目いっぱい授かるのにぴったりなアイテムと言えます。

まとめ

今回はこれで以上です。
時間が許すなら目的なくプラプラと散歩していて偶然見つける、そしてお参りする、そんな雰囲気がぴったりの神社です。大阪の下町の雰囲気を感じながら情緒に浸りつつお参りして、須佐之男命のご利益を目いっぱい受けて帰る、そんな風にご参拝を楽しんでみるのはいかがでしょうか。