神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

『曽根崎心中』所縁の『お初天神(露天神社)』は恋愛のパワースポット

今回は大阪にあるお初天神さんのご紹介です。
大阪梅田で飲んだり食べたりしたことがある方は恐らく一度は聞いた事があるだろう『阪急東通商店街』とその奥にある『お初天神通』。その際奥にあるのが大都会の真ん中にあって、昔から関西では親しまれているパワースポット『露天神社』です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200106182748j:plain

神社概要

どこにある?

この神社があるのは大阪市北区。大阪梅田のみならず、大阪府内でも一番の繁華街『東通商店街~お初天神通』の最奥に神社はあります。大阪一の繁華街は大阪一の商業都市でもあって、神社参道はビルの一階を繰り抜いて整備されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105153136j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200105153139j:plain

両脇に見えるのは結構な高さの高層ビルなんですが、その股から神社が臨めるこんな景色あんまり他で見れるものではありません。

創建の歴史など

創建は西暦700年頃とされていて、当時ここら辺は大阪湾上に浮かぶ小島だったんだとか。正式な社名を露天神社(つゆのてんじんじゃ)と言いますが、これは梅雨の頃に神社の前の井戸から水が湧き出た為、とする説と、菅原道真太宰府へ向かう際、この地を通りかかった際『露とちる 涙に袖は朽ちにけり 都のことを思い出づれば』と詠んだ詩に因んだものとする説の2通りがあります。

社名の説はどうあれ、この神社ではご祭神の一柱として菅原道真をお祀りしています☆

上記の通りこの神社の正式名称は『露天神社』ですが、通称のお初天神の方が名が知れています。それは、神社参道の『お初天神通り』が飲み屋街になっていて梅田界隈の人は皆2軒目の店を探してここら辺を彷徨い歩くという事情もあるんですが

一部の人だけです☆

もう一つ、この神社を有名にしたのがこの神社を舞台にした心中事件。これを基に近松門左衛門人形浄瑠璃曽根崎心中』を描きました。これが浄瑠璃のみならず歌舞伎でも描かれ、世間に広く知られる事となり以来、この神社の事を『曽根崎心中』のヒロイン『お初』の名を取って『お初天神』と呼ばれるようになりました。
今日でも、曽根崎心中は多くの人の知るところとなり、このお初天神は主人公の『徳兵衛、お初』にあやかり、『恋人の聖地』として、恋愛に関する協力なパワースポットとされています。

曽根崎心中

曽根崎心中のあらすじはこんな感じです。
叔父の家で丁稚奉公をしていた徳兵衛には以前から濃い中に在ったお初という女性が居ました。その真面目な働きぶりが認められ、徳兵衛の従妹と結婚してお店が持たせてもらえるという話が浮上します。
徳兵衛はお初の事を思い縁談を断ったものの、叔父は勝手に話を進め、徳兵衛の継母相手に結納を差し入れるところまでお話を進めてしまいます。それでも結婚を固辞しようとする徳兵衛に叔父は怒り、徳兵衛を勘当してしまいます。いわゆる逆切れってやつですね。
勘当といってもただお店を出ていけというだけでなく、商売はさせない、大阪から出ていけ、つけ払いで買った服の代金を返せという結構な手のひらの返しっぷり。
徳兵衛は差し入れた継母の元にあった結納金を取り返し、叔父に返そうとするも、友人九平次にどうしてもとせがまれてその返済するはずのお金を貸してしまいます
九平次は、徳兵衛にそのお金を返さないどころか公衆の面前で詐欺師呼ばわりをした上で、殴りつけ面目を失わせます。友人は選ばないといけないという典型例ですね。
結納金の横領について、死んで身の潔白を証明するしかないと考えた徳兵衛はお初の元を訪れます。
お初は徳兵衛と心中する覚悟を決め、真夜中のお初天神へ。愛するお初をその手にかける事を躊躇するも徳兵衛はお初を短刀で命を奪い、返す刀で自害します。
現世で悲恋となった二人は来世での固い契りを結んだものとして結末に至ります。
人形浄瑠璃ではここで終了ですが、歌舞伎ではこの後天満屋に叔父が訪ねる場面とそれによって九平次結納金を横領したことが露見してしまう場面が追加されています。

境内散策

拝殿・ご本殿

境内の丁度中心にあるのがこの神社の拝殿とご本殿です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105164454j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200105164456j:plain

大阪の中心地としての立地の良さもあって、後から後から参拝客が後を絶ちません。

恋人の聖地

初天神境内は曽根崎心中では心中の舞台になりました。賃貸物件なら事故物件ですが、来世での契りを交わした恋人の聖地として絶大な人気を誇っています。
心中と言う悲恋を辿ったものの、自分たちの思いを貫いたという『恋愛の手本』として、今日まで多くの人に親しまれています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105170157j:plain

2004年にはお初と徳兵衛の300回忌を迎え、氏子さんの一人から100万円の寄付があったんだとか。地元の商店街などからも寄付が集まり、それを基にこのお初と徳兵衛のブロンズ像が建てられました。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105170436j:plain

噴水神盆はパワースポットと言うより不思議スポット(やり方があります。)

拝殿手前にある謎の金属のお盆『噴水神盆』。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105164743j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200105164746j:plain

何もしていない状態ではただの水をはったお盆(?)ですが、これ両脇の取っ手部分を擦ると水が沸き立った様に踊り出すんです。『噴水』というのはこの踊り立つ水を指しているんでしょう。原理は音の共鳴と言う事ですが、バカな僕には理解できずただ、擦ると何故か踊り出す水を見るのが楽しくてしばらく遊んでいたという次第です。
ちょっとコツがあって、まず両手を濡らして、両手を同じ感覚で動かすんではなく交互に前後ろに動かすイメージです。右手を手前からに擦ると同時に左手を奥から手前に。そしてその逆と焦らず、取っ手を掴むのではなく手のひらで擦るようにします。
上述の通り、恋人の聖地と言う事でカップルと共に女性参拝客も多く見られます。
そして、これ出来ない人には全くできない、つまり

出来る人は結構注目の的になります

個人のルックスに依ります。おっちゃんの周りには一人も集まりませんでした☆

御朱印

御朱印社務所で頂けます。今回は合わせて御朱印帳も購入。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105170536j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20200105170547j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200105170550j:plain

アクセス

大阪市北区初天神通り先。駐車場なし。

まとめ

今回はこれで以上です。
境内には他にも菅原道真公に因んだお牛様は勿論、色んなギャグみたいなパワースポットが散りばめられていました、流石大阪と言うべきでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20200105171056j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200105171059j:plain

初天神通は色んな飲み屋さんや食べ物屋さんでいっぱい、大阪らしい串カツなどのグルメスポットでもあります。
お食事がてらご参拝というのに最適な神社でもあります。

www.aoimon.net

room.rakuten.co.jp