神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

絶景を臨みながらすするうどんは最高!!『あめん棒』

今回は徳島にあるそば・うどん屋さん『あめん棒』さんのご紹介です。
うどんって言ったら、やっぱり香川。なんですがまあ隣ですから、やっぱり徳島にも美味しいうどん屋さんはあるわけで、ていうかうどん屋さん自体もいっぱいあるわけです。

日本語へたくそか☆

今回はそんな徳島と香川の県境にあるうどん屋さんの一つ『あめん棒』さんをレポートです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529204101j:plain

店舗概要

お店があるのは徳島県美馬市

このお店があるのは徳島県美馬市。横に長細く伸びる徳島県の内陸部、県の背骨のように四国の中心を流れる吉野川、そんな川沿いの道すがらこのお店は見えてきます。駐車場はないので店の前に思い思い止めていく感じで、止めた先から眺めると吉野川の絶景が広がる、そんなビュースポットとグルメスポットを同時に楽しめるお得なお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529201354j:plain

レトロな外観・内装と吉野川一望の絶景スポット

お店の外観はこんな感じ、そして内装も同様にいつからだろう、ここだけ時間を切り取ったようなレトロな佇まいでお客さんを出迎えてくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529201508j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210529201513j:plain

アクセスなど

  • 営業時間:10時30分~20時30分
  •  定休日:火曜日
  •  駐車場:あり?
  • 住  所:〒777-0005 徳島県美馬市穴吹町穴吹東成戸93−3

駐車場と呼んでよいのか不明ですが、カーブのふくらみに位置するこのお店の前は少し側道が広がっていて、そこに来店客は譲り合いながら駐車する方式のようです。

メニュー・味

うどん・そば・おでん、ほか一品まで

メニューはうどん、そばのほか軽い一品物が揃っています。中でも入店後心と鼻腔を奪われてしまうのがこのおでん。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529202212j:plain

こんにゃくやタマゴなど定番のものが揃っています。タネにそこまでとんがったものは見当たらないものの、うどん屋さんと言えば出汁のプロ。そんなプロが自信と時間をかけて提供するおでんが不味いはずがないでしょう。

まずはおでん。1串一律110円

出来るなら全部いきたいくらいでしたが、うどんもあるので厳選三種。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529202445j:plain

大根でなくじゃがいもというところがこだわりポイントです。

ただの気分やろ☆

味も勿論ですがうまいのはいわば想定通り、やはりおでんは時間です。特にこのじゃがいも、恐らく半日くらいは余裕で煮込んでありそうな味のしみ具合なんですが、全く煮崩れしていないあたり、プロの業を感じさせます。

おっちゃんの料理が雑なだけやない?

ぶっかけ(冷)はうどんも卵もつやっつや

今回は未知のうどん屋さんです。

いつもやろ☆

そこそこ田舎、讃岐うどんを名乗る辺り麺に自信ありのお店とくれば頼むものはまずこれでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529203153j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210529203156j:plain

うどんも卵もつやっつやです、ここに薬味をぶち込んでがーっと混ぜて。美味しい。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529203252j:plain

味付けは添えられたあっさりな醤油?で。足りない場合は卓上の醤油をプラスするのも美味しいです。

意外なフォルムのきつねうどん

関西住まいなら温うどんの試金石はかけじゃなくてきつね。

f:id:aoi0730kanon0930:20210529203526j:plain

巾着と厚揚げのあいの子のような直方体のきつねが添えられています。味は普通に甘く煮られていて、出汁は讃岐独特の透き通った濃さ。例えるなら美味しい塩ラーメンのスープのような感覚でしょうか。

あっさりしてそうなのに味をしっかり感じると言いたいようです☆

まとめ

今回は以上です。
このお店だけがそうなのか、徳島だからなのか不明ですが個人的に知ってる讃岐と比べて少し固め、そしてつやのある感じが冷やに向いている麺のように感じます、なので厳密に言えば讃岐うどんとは少し違うのかもしれません。

おっちゃんの感覚で言われてもな。。。

うどんをひねる必要はないんです、シンプルにそして基本に忠実、その純粋さでゴリゴリくるあたりは、確かに讃岐の系譜と言えるお店でした。