神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

他ではなかなか見られない牛塩らぁめん『嵐風』

今回は大阪にあるラーメン屋『嵐風』さんのご紹介。
らんふうなど色んな読み方を連想してしまいそうですが、ARAKAZEが正解。牛骨ならぬ『牛塩』ラーメンご提供という一風変わった味が楽しめるお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609225141j:plain

店舗概要

お店は大阪東部の街『門真市

このお店があるのは大阪東部の街門真市。JR沿線、南部の人は勿論、京阪沿線の人も割とある事は知っていても急行・特急全部通過するのでどんな町なのか、よく知らない門真市

偏見です☆

大きな公園が割とあって、大阪の割りにそんなに粉ものの店が少ない、道狭いけど車も歩行者もテクっているので普通に歩行者すれすれを徐行せずに通り過ぎていく、結構上級者な街の側面も持っています。

偏見です2☆

頑固一徹オヤジさん風のお店

どんなんやねん☆

店内はカウンターのみ10席程度、高いカウンターから表情は見えませんが、寡黙なシェフは多くは語らず、ただ椀が出てくるのみ。もうちょい愛想が欲しいと思うところですが、これぞ頑固一徹料理人を地に行く姿と言ったところ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609230150j:plain

アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~14時30分、18時00分~21時30分(木曜ランチのみ)
  •  定休日:月曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒571-0017 大阪府門真市四宮5丁目9−15

東西南北割とこまごまとした通りを抜けた先です。人気のラーメン屋さんあるあるですが、近隣他店舗の駐車場借用トラブルが絶えないそうで、店の迷惑にならないよう、お気を付けください。

メニュー・味

全体的にあっさりそうなメニューがラインナップ

メニューです、食券方式です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210608235017j:plain

メインはどうやら2種、やっぱり目を惹くのは牛塩らぁめん。他にもあっさり醤油にあっさりつけめんと、全体的にあっさり形のメニューが目立ちます。

牛塩ラーメン

濃いのか薄いのか、それすらも想像のつかない牛塩ラーメン、それがこちら。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609000057j:plain

美しい。これが最もふさわしい形容詞。

変態か☆

味は見た目通りあっさり、けどスープに味は凝縮されている感じ。例えるならとても煮込まれたコンソメスープのような。

料理もジャンルもちゃうぞそれ☆

チャーシューは当然ですがもう一つのバラ肉が美味しい。あっさりなスープにコクを与えてくれます。
さて、あっさりなスープですが、中ほどまで食べ進めていけば当然興味を惹くのが味変。このメニュー用なのかは不明ですが、揚げニンニクっぽいものが用意。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609001314j:plain

多分ね、このメニュー用じゃないと思う☆

カリッとした食感がこれはこれでありと思わせてくれます。

魚介濃厚つけ麺

魚介濃厚つけ麺、ドロドロの液体とゲルの間のようなものを想像するところですが、意外なものが登場。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609001721j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210609001725j:plain

濃い薄いでいえば確かに濃そう。ですが、食べてみるとやっぱり濃い。

濃いんかよ☆

コクっていうんでしょうか、料理作ってるとわかるんですが旨味って足せばとりあえず美味しくはなる

料理は語るなお前は

ですが、とりあえず足し過ぎるとゴテゴテしていく。つけ麺で特にありがちなんですが、ここのは適切なものだけを足し算したような、そんなちょうど良さを感じる一杯。

チャーシューは目の前で炙られて『チャーシュー丼』

何だか数種類あるようですが、こちらはミニチャーシュー丼。

f:id:aoi0730kanon0930:20210609005301j:plain

トッピングはレアと炙りの2種。特に炙りの方はカウンター奥で炙る香ばしい匂いが漂ってくるほど。ほんのりとした焦がし醤油と肉の旨味がたまりません。

まとめ

今回はこれで以上です。
ラーメン屋さんってまあ入店して食べて帰るのみ、時間にして15分~20分と言ったところ。そこにくつろぎとか、清潔感は別にした雰囲気とかは介在しないといえばしないもの、ただ旨さを追求した姿がこのお店にはあります。