神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

オーソドックスなものから煮込み・カレーまで『中華そば葉隠』

今回は滋賀県にあるラーメン屋『葉隠』さんのご紹介。
ラーメンって最近はビブグルマンに掲載されたりとか、最近ではすっかり美食やグルメ、高級な食べ物という印象になりました。

本来は定食の麺類ですよね?

普段からラーメン専門店行きまくってるくせに何言ってんだ☆

今回はそんなラーメン本来の形を思い出させてくれるお店です。

店舗概要

お店は滋賀県甲賀市水口

このお店があるのは滋賀県山あいの街甲賀市。当ブログで何度もお世話になっている、伊賀と甲賀の二派の忍者が有名な街ですね。滋賀県と言えば琵琶湖畔ばっかりと思われがちですが、この辺りはむしろ山。近江平野の山裾に広がる水口城下町の一角にこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20211016001716j:plain

それほど広くない店内と数台の駐車場。週末のお昼時ともなればこれらがひっきりなしに空いては新しいお客さんがそこを埋め、を繰り返す、そんな地元の人に愛されている人気店です。

アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~14時00分、17時30分~20時30分
  •  定休日:火曜日・水曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒528-0035 滋賀県甲賀市水口町東名坂301

駐車場は前面に数台分の確保頂いています。

メニュー・味

メニューです、オーソドックスな醤油・味噌から、煮込み、ホルモン鍋、カレー中華なるナックルカーブばりの変化球まで織り交ぜてくる球種の多いタイプのお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015233909j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20211015233912j:plain

定食は三つ用意されていますが、いずれもおかずっぽいもの白ご飯というのが定食屋さん感が出ていて個人的にお気に入りです。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015234135j:plain

揚げつくね串

つくねと言えば大体甘いタレを想像しがちですが、そこを敢えて揚げてくる辺り、このお店のクレバーさ、と長い歴史感を感じさせます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015234414j:plain

カリカリっとした食感の中にはジューシーな肉だねが詰まっていて、それをタレ、マヨネーズ、からしから一つ、または複数をチョイスして食べる、そんな計7通りの食べ方があり7本食べてみたくなる、そんなビールくれ前菜にピッタリな逸品です。

カレーそば

直球と変化球の落差が激しすぎて狙い球を絞るのに苦労するお店ですが、今回は旨辛カレーたっぷりの君に決めた。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015235143j:plain

せめてキャラの路線くらい絞ろうか☆

カレーラーメンというか、和出汁の効いたカレー+ラーメンというのが初見の印象。なので、中太ストレートのどちらかラーメンとしてはかなりオーソドックスな麺の絡み具合も見ての通り。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015235337j:plain

旨辛というだけあって、結構辛味あり。そして旨味もそれ以上にあり。そばをずるずる、スープ飲んで、汗拭ってのエンドレスリピート。冬に食べると温まるのは当然ですが、後半にはもう厚着を後悔するくらい汗をかくことは必定なので、むしろ夏に汗を搔きながら食べたい一品です。

周りの人が迷惑するのでそれはそれでやめようか☆

さて、これはラーメンのスープとはいえカレーです。じゃあ白ご飯があればこうなります。

f:id:aoi0730kanon0930:20211015235925j:plain

スープひたひたにすればスープカレー風、少なくすれば雑炊風に、バリエーションは豊富に頂けます。
なお、普通に白ご飯として食べる人にもちょっとしたこの小鉢がありがたいところです。

まとめ

今回はこれで以上です。
本来なら初見のお店なので、このお店の直球を攻めるべきだったのですが秀逸な変化球がすごーく気になるこのお店。ホルモン鍋をつけ麺とする一風変わったスタイルのものもあって、是非再見したいと思わせる魅力にあふれたお店でした。