神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

とっておきの福井土産はお箸でいかが?『箸匠せいわ』

皆さん、お箸にこだわりってありますか、私はありません。

じゃ、話終わりね☆

そんな私だからこそぜひ行ってみたかったお箸の専門店『せいわ』さんをご紹介していきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205232931j:plain

店舗概要

福井県小浜市

このお店があるのは福井県南部の街小浜。その響きからアメリカの前々大統領へ今も尚勝手にエールを送り続けているという特異な街です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205225915j:plain

福井県若狭湾観光連盟」公式サイトより

2008年にオバマを勝手に応援する会を発足。大統領自身にも微妙に認知されていたりする歴史ある会だったりするそうです☆

お店は町の中心である沿岸部から少し東へ、進んだ先の山間、若狭国一之宮『若狭彦神社・若狭姫神社』の建つ道沿いにあります。

www.aoimon.net

アクセスなど

  • 営業時間:9時00分~17時00分
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒917-0243 福井県小浜市竜前6−2

観光バスも大挙してくるのか、駐車場は広々していて余裕持って停める事が可能です。

お店ご紹介

お箸の研磨体験

このお店はお箸(カトラリー)専門店なんですが、ここの醍醐味の一つが箸の研磨体験。てっきり原木から切り出した細い木切れ削って箸作って漆塗るなんて工程を想像していたんですが

濃い体験やな☆

表面を削る事でオリジナルの模様を彫る体験といったもの。

まずは箸を選びます、6色の箸から好きなものをとりどり。1膳200円でチャレンジできるので、気構えず気軽に挑むことが可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205234321j:plain

選ぶと研磨機のある別室へ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205234555j:plain

このベルトへ箸を添わせる事で表面を削っていきます。箸にはそれぞれ表面から5層の色が上塗りされているので、削り方の濃淡でグラデーションを作り出したり、削る面を縦や横に工夫する事で色んな模様が出来たり、創作意欲の活かしどころです。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205234940j:plain

削っては横の水で研磨した部位を洗い流します。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205235035j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20211205235032j:plain

これを繰り返し今回出来上がったのがこちら、出来・不出来はともかく愛着の持てる一膳が出来上がります。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205235104j:plain

筆者は自身に美的センスが1mmもない事をいやというほど熟知している為、今回挑戦したのは子供(9歳)のみです☆

色んなお箸がずらり

本人が使う分にはさっきの箸作りのものでも十分使えそうなんですが、こちらは自分用というよりはどちらかと言えば贈答品向け。

f:id:aoi0730kanon0930:20211205235749j:plain

最近の箸業界のトレンドとしてはなんといっても『食洗器対応』のようで、そこら辺に気を配るのか、もしくはひたすらデザインその他で気に入るものを探すのか。お値段も安価なものは百円単位から高価なものはうん万円というものまで。

f:id:aoi0730kanon0930:20211206000506j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20211206000509j:plain

ここは正に自分のお気に入りの一膳を思う存分選ぶことが出来る、唯一無二の空間です。
因みに僕が今回選んだのはこちら。

f:id:aoi0730kanon0930:20211206000537j:plain

ええ加減その駄々洩れてる煩悩をちょっとはなんかで包もうや☆

まとめ

今回はこれで以上です。
箸ってSE○YUとかで買えばそれこそ家族分がこのお値段で手に入ったりするので改めてこだわる事ってないじゃないですか。でも、一方で日本人ならカレーとシチューの日以外は毎日使うものでもあるわけです。安物が悪いという訳ではないんですが、いいものは物持ちも良い(だろう)という観点に立てば、自分で選び抜いた一膳を長く使い続けるというのもありなんじゃないかなって事で、今回こちらへの訪問を決行しました。
自分用のお気に入りの一膳を見つけたい時は勿論、結婚祝い、父の日・母の日、敬老など祝い事など縁起ものとしても重宝するお店なので、覚えておいて損はありません。