神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

滋賀甲賀にある日雲神社。見所は拝殿手前にあり。

今回ご紹介するのは滋賀にある『日雲神社』です。
この神社、歴史や御由緒もさることながら、ロケーションが珍しいとして密かな人気になっている神社です。今回はそんな日雲神社に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219231222j:plain

神社概要

この神社があるのは滋賀県甲賀市ハットリくんの故郷ですね。甲賀は『こうが』と読まれることが非常に多いですが、正しくは『こうか』だと地元の方はよく力説しています。
神社の歴史は古く、第11代垂仁天皇の御代まで遡るそうです。倭姫命(やまとひめのみこと)、この方伊勢神宮を創建した方なんですが、どこが大御神の鎮座地にふさわしいか諸国を巡ったとされている方で、この方が諸国を巡る中この神社の地に4年程滞在された場所がここだったんだとか。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219221038j:plain

この神社のご祭神は天之御中主神(あめのみなかのぬしかみ)。天地開闢に登場する古くからの神様で、確かにこの神社の興りが歴史深い事を物語る一つの証左ともいえるかもしれません。

境内散策

田舎道をひた進むと見えてくる立派な鳥居。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219223604j:plain

ご拝殿までの参道は木々のトンネルになっていて、静かで厳かな雰囲気に包まれています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219223915j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191219223919j:plain

ご本殿・拝殿

細く伸びる参道の最奥にあるのがこの神社の拝殿とご本殿。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219224022j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191219224026j:plain

参道を横切るのは

この神社が人気を博しているのがこの参道を横切る線路。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219224159j:plain

信楽高原鉄道という路線で、思いっきり参道を真っ二つにしています。
現世と神域を隔てる境界ともいわれています。確かに社殿の前を横切る電車はとても奇妙と言うか不思議な雰囲気を醸し出しています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219224621j:plain

時刻表を確認したところ電車の運行は1時間に一度。わずかにニアミスしてしまったようで、残念ながら電車の画像はこれだけです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219224934j:plain

踏切って、、、。無いやん?!

福かえる

拝殿脇にた『福かえる』。年季なのかあまざらしのせいなのか何とも言えない

f:id:aoi0730kanon0930:20191219225114j:plain

姫の宮

本殿左脇にある摂社でしょうか、この神社の興りともなった倭姫命をお祀りするお社も含めた3社殿があります。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219230242j:plain

御朱印

御朱印が頂けるのは社務所にて。ご本殿のものと、倭姫宮のものの2種類がご用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191219230121j:plain

アクセス

滋賀県甲賀市

まとめ

今回はこれで以上です。
何気ない地方散策で見つけたこの神社ですが、神社の厳かな雰囲気を楽しむのにも、玉の休日にまったりと散策を楽しむのにも適した神社です。