神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

メニュー全部ボリューム満点。『必死のパッチ製麺所』

今回ご紹介するのは大阪のラーメン屋『必死のパッチ製麺所』。
必死のパッチ、関西でというか大阪で(テレビの中でのみ)よく使われているとされる必死なさまを伝える単語です。関西住まいで大阪が隣にある関係上交流も深いはずですが、矢野監督以外このフレーズを口にしているのを聞いたことがありません。
多分ケン〇ンショー辺りが流行らせたんでしょう。
並の必死ぶりでは納得しません、今回は徹底的にリポートします。

今回は冒頭から無駄に筆者のテンションがMAXです、お見苦しい点をご容赦願います☆

店舗概要

お店は兵庫県伊丹市

このお店があるのは兵庫県伊丹市豊中、伊丹、尼崎、関西人でも大阪か兵庫、どっちかわかんなくなる街御三家の一つ。正解は大阪府豊中市兵庫県伊丹市尼崎市です。

割と失礼な上に知っててもそんな自慢できる知識でもありません☆

JR福知山線と並走する尼崎池田線(県道13号線)でJR伊丹駅から少し北へ行った先にこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210215132j:plain

エンターテイメント+美人の店員さん

店内はお客さんと威勢のいい店員さんの声で活気づいています。そして、例によって券売機の前で思考する僕。

店にも後ろのお客にも迷惑やから決めてから入店しようか☆

というのも後述しますが、どれもボリュームがあって美味しそうとなれば迷うのも当然というものでしょう。
と、そこへ颯爽と現れたのが美人の店員さん。メニュー説明を一通りしてくれる親切さ。この店(優柔不断の人に)とても良い店です。

相手が美人のおねーさんでなければそこまで好印象とならなかっただろうことは想像に難くありません☆

あと、このお店自慢のメニューの一つがから揚げ。普通にオーダーすることももちろん可能ですが、多めにから揚げを獲得することが出来るちょっとしたゲームも用意されています。確かに必死にお店を盛り上げている感は伝わってきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210221756j:plain

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~20時00分
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒664-0836 兵庫県伊丹市北本町2丁目190
  • 支払方法:現金・paypay

駐車場はわかりにくいですが、北側のわき道から裏手に回った先にあります。
このお店は食券機ですが、paypayによる清算可能というちょっとありがたいお店です。

メニュー・味

メニューです、食券制。メインは濃厚つけ麺と飛魚(あご)そばのようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210222631j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210210222629j:plain

他にも二郎系味噌ラーメンが用意されていたりと、総じてボリュームを感じさせるメニューが目立ちます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210222842j:plain

味噌二郎

そういえばラーメン二郎以外で、はっきり『二郎』って名乗ってるのはあんまり見かけません。普段見かける二郎系は肉部分以外、薄い白と濃い白で構成されるのに対し、ここの二郎系は彩り豊か。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210223435j:plain

ですが、必死こいて一心不乱に麺へと食らいつく事に違いはありません。
そして、ここの真骨頂は食べ終わった後にあります、通称ダイブ飯。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210225656j:plain

飯が椀にダイブすることから付いたのだろうこのネーミング、どう見てもここに汁を回しかけるといい感じの〆ご飯になってくれそうですが、これはダイブ飯。飯をダイブさせてこそ真価を発揮するというものです。これをそのまま実行するとこう。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210225830j:plain

完全に逆やったね。。。☆

梅干しの酸味がいい具合にさっぱり感を演出、麺との激闘を繰り広げた後の胃に優しい〆となりました。

つけ麺

つけ麺としては割とオーソドックスな魚介濃厚とんこつ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210230152j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210210230156j:plain

具材の中でやはり目を惹くのがこのでかいチャーシュー。入店するとその香ばしい匂いでわかるんですが、ここではライブクッキングと言わんばかりにカウンターでバーナーを使って焙るチャーシューが見られます、それがそのまま乗っかっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210230651j:plain

ダイブ飯もつけれましたが、8歳児にはまだ厳しく辞退。

から揚げ

さて、今回のメインディッシュ、から揚げです。改めてチンチロリンから揚げのルールを紹介。

f:id:aoi0730kanon0930:20210210230945j:plain

ルールは簡単、から揚げをチョイスした時点で参加可能、最低でも一個増量、最大倍、もしくは4個が無料になるというお得感しかないイベントです。さて、こういう場面(にだけ)めっぽう強い当家の長男は食券を買う僕の脇でおねーさんに言われるまま既に挑戦した後。結果は

f:id:aoi0730kanon0930:20210210231211j:plain

ほんとこういう時だけものすごい引きを発揮するのが当家の血筋というものでしょう。

おっきいとこもちっさいとこも引けない先代よりましじゃないかな☆

4個以上を注文した人が対象。ピンゾロ以外はオーダー数が倍。8個オーダーが絶対お得ですよ(はぁと)。

はーとは筆者による一方的な脚色です☆

結果、こうなりました。何でこうなったんだろう??

f:id:aoi0730kanon0930:20210210231647j:plain

オーダーしたそのまんまやろ☆

よしんば味噌二郎の後じゃなければ、ダイブ飯いった後じゃなければ、せめてつけ麺のお残し食べた後じゃなければ。

から揚げ一個だって同じ結果やったんちゃうかな☆

当日の夕食、翌朝食、昼食をご提供いただきありがとうございました。

まとめ

今回はこれで以上です。
飛魚そばはオーダーせず仕舞いといとなりましたがなりましたが、この分なら十分期待して良さそうなクオリティでした。感謝企画という事なので恒久的な企画という訳でもなさそうですが、もし見かけたらぜひ挑戦してください。から揚げ自体も当然美味しかったので、たとえぞろ目が出なくても後悔する事はありません。