神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

舌も体も歓ぶ薬膳ラーメンのお店『いちりん』

今回は京都のラーメン屋さん『いちりん』のご紹介です。
最近色んなジャンルのラーメンが増えすぎて若干乗り遅れ気味を感じるのですが

だいぶ前からやで?

今回のいちりんさんのラーメンは『薬膳』。個人的に初見だったんですが、一己のジャンルとして確立されつつある新しいジャンルのラーメン屋さんです。

店舗概要

お店は京都府八幡市

このお店があるのは京都府八幡市。関西で三番目に大きな公共団地群『男山団地』に面したお店。外観はぼろいというより一言でいうと暗い、昼間など営業中という看板がなければお店の状況が全く分からないほど。それは中に入ればなんとなく理由が伝わってきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224225918j:plain

こじんまりとしたL字カウンター8席のみのお店は元々落ち着いた雰囲気がウリの居酒屋だったように見受けます。店内の控えめな照明がそれを物語っています。しかも居酒屋さんなら営業は夜のみとなれば、暗さを機にかける必要もなかったという事でしょう。

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~15時00分、18時00分~21時00分(日・水ランチのみ)
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:あり?
  • 住  所:〒614-8366 京都府八幡市男山18−10

駐車場はありとされていますが見つけられず。どのみち1台のみという事なので、あてにせず訪問した方がよいでしょう。向かいにはコインパーキングもあります。

メニュー・味

メニューが、、、安い!!

ここのメニューを見てまず思うこと。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224230302j:plain

薬膳ラーメンって何だろうとか、ご飯ものに天津飯が、とかいろいろあると思うんですが、とにかくそんなものはすっ飛ばしてまず思うのがメニューが安い。
お店の看板『いちりんラーメン』は580円です。マルボロボックス一箱と同じ値段です。

微妙なたとえやな☆

このお店のフルセット(ラーメン、チャーハン、から揚げ3個)でもなお980円と1000円以下で片が付くリーズナブルさ。しかもメインのラーメンだけでなく安いのにサイドメニューたちも人気ということなので、俄然メニューを見る目も熱くなるというものです。

いちりんラーメン

これがこのお店のメイン、いちりんラーメンです。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224222751j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201224222748j:plain

食べ口の良い加水細麺とヘルシーそうなチャーシューと食感の良い白髪ねぎ。
豆乳と芝麻醤(チーマージャン)、それに鶏ガラを合わせたというスープはお店の触れ込み通りとてもやさしい味です。塩味(えんみ)の中にほのかに感じるショウガのような香り。食べ進めるごと辛いわけでもないのにポカポカと温まってくる感覚。確かに薬膳といったところでしょうか。
ところで、健康食って事はこの汁、全部飲み干しても構わないということで

違うよ?

つまり最後まで楽しめるラーメンというわけです。

あっさりが物足りないという方には色んな味変用調味料が用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224230249j:plain

チャーハン

人気サイドメニューの一つがこのチャーハン。セットなので小サイズかと思いきや、見る限りどう見てもノーマル。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224225206j:plain

ホロホロとした玉子とチャーシューがふんだんに混ぜ込まれていて、食感も味も良し。調味料というより玉子とチャーシューのおいしさをうまいこと活用している、そんな感じがします。

から揚げ

セットにはから揚げ三個もついてきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20201224225416j:plain

つやっとした見た目にもわかる通り、衣固めのフリッター仕様で、カリっとサクッと頂けるおかずというよりおやつ感覚で食べられる一品です。

まとめ

今回は以上です。
薬膳って聞くと、おいしいお店もあるんだろうとはいえ第一は健康、味は二の次というイメージがあります。ですが、このお店に限って話は別。
食べ進める感じは普通においしい、そして柔らかな味わいのラーメンです。ですが、それでいて体にはしっかりよさそうというのが食べていてつぶさに感じられます。そしてさらにリーズナブルとくれば時間とお財布さえ適うなら毎日でも食べたい、そんな風に思わせるラーメンをご提供いただける今回のいちりんさんでした。