神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

京都太秦でラーメン雑誌の常連『ラーメンじゅげむ』

今回は右京区太秦にあるラーメン屋『じゅげむ』さんのご紹介です。
結構昔からこじんまりとしたお店を構えていて、大きくならず、でも潰れる事もなく堅実に営業を続けてくれる安定感を感じられるお店。
それでいて昔ながらの中華そばをご提供してくれるラーメン屋、かと思いきやオリジナリティ光るラーメン屋です。
では、そんなラーメン屋『じゅげむ』さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215520j:plain

店舗概要

京都は右京区太秦太秦は北の方に広隆寺、更にその北に太秦映画村が控える観光地です。このお店は広隆寺へと続く道路沿いにこのお店はあります。横断も危ないと感じるくらい車の通りが多い道なので道に立って写真を撮るのは控えましょう。

ネタに使うな☆

冒頭でも触れた通り、昔からこの場所にあるお店で昔から度々雑誌なんかでも見かけるお店なんですが、大きくなるでもかといって経営不振な訳でもなくずっとこの姿で、ずっとここに在り続けてくれるお店。お店はご夫婦のみで切り盛りされているので、ずっと長い事ここの店の味は保ち続けられています。
内装は調理場を囲むように造られたカウンターと壁際にもカウンターほか、座敷が2席。店内はどっちかっていうと狭い方なんですが、席数は多め。流行りに乗ったお客さんで行列ができるというより、常連さんに愛されている印象があります。

メニュー・味

メニューです。醤油・味噌・塩とバランスよく味が揃えられ、ほか味噌バター、野菜カレー、キムチラーメンなどバリエーションも豊富なラインナップが踊ります。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215541j:plain

他のお客さんのオーダー聞いている限り、偏りは感じないので恐らくどれもおいしいんだと思うんですが、毎回僕はこれを頼んでます。

味噌ラーメン

個人的に一番お世話になるのがこの味噌ラーメン。こってりとした味噌の味をしっかりと感じられる比較的オーソドックスと思われるラーメンです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215637j:plain

寒い日なんかコート着て帰宅して味噌汁飲んでほっこりするような、そんな食べて安心する不思議な味わい。濃いめの味付けは味噌バターとの両使いを前提にしているものと思料します。

醤油ラーメン

このお店のメインはこちらの醤油。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215740j:plain

甘めの醤油をスープ全体に散らされているブラックペッパーでピリッと引き締め、食べやすいのにメリハリを感じる事が出来る一杯。

塩ラーメン

お店で一番優しい味わいの塩ラーメン。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215950j:plain

優しいと言ってもそれは薄いのとはまた違い、こちらもブラックペッパーで味を引き締め。単体ではブラックペッパーが勝ってしまうので、トッピングプラスの塩バターラーメンに寄せて作られているメニューのようにも感じられます。

炒飯

炒飯。セットなら+350円で並サイズを頼む事が可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20200315215652j:plain

しっとりとした炒め具合で、ほんのりニンニクか何かの香辛料の様なものを感じるこれまた不思議な、食べ応えのある一品。

アクセス

京都三条通、太秦交差点(太秦広隆寺前)南へ。駐車場は向かいに数台分あり。

まとめ

今回はこれで以上です。
太秦の観光は映画村なり広隆寺なり一駅先の嵐山なりと、結構動く事になります。
嵐山にも魅力的なお食事処はいっぱいありますが、年中物凄く混んでます、もうえらいことになってます。観光をメインにされるならこの辺りで腹ごしらえをして向かうのが賢い選択と言えます。

近隣の観光スポット

www.aoimon.net