神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

鰹さん ~僕とうどんと鰹出汁~

今回は大阪にあるうどん屋『鰹さん』のご紹介です。
サブ店名は~僕とうどんと鰹出汁~既に軽い小説一本分のストーリーを感じさせてくれる、名前からして魅力的なお店です。

店舗概要

お店は大阪府泉大津市

このお店があるのは大阪府の南西部『泉大津市』。泉佐野泉大津、ただの和泉市と割と紛らわしい市町村がこの辺りにひしめいているので、なんとなくまとめて泉州と覚えておけば問題ないでしょう、泉州タオルが有名でふるさと納税の返礼品にもなっている街です。

よく知らないなら触れんかったらええねん☆

お店は国道26号線から一本わき道にそれた先にあります。のれんと名前は和風な感じですが、店の佇まいはちょっとおしゃれなバーのようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506230522j:plain

店内は・・・居酒屋さん?

普段車で動くので、まあお酒は飲めません、飲みたいけど。

じゃあうろちょろしなければいいのよ?

ですが、カウンターには美味しそうな焼酎の数々、腰を落ち着けやすそうなカウンター。うどんというよりビールと枝豆をお願いしたいくらいです、飲みませんけど。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506230818j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210506230821j:plain

純粋にうどんだけという事なら、ランチで食べに来るとちょうど良いかもしれません。

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~15時00分、18時00分~22時00分(金・土~26時00分)
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒595-0021 大阪府泉大津市豊中町2丁目5−1

スタイルが兼居酒屋ですが、駐車場は若干数ながら確保されているようです。
空いてなくても近隣は大型商業施設があるからか、コインパーキングの相場はリーズナブル。

メニュー・味

色んなメニューのうどんがいっぱい

メニューです、今回はお酒を飲みに来たわけではないのでうどんメニューを中心に。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506232256j:plain

温・冷、釜玉に釜揚げ、カレーにトッピングも豊富。店名に『鰹出汁』とあるんです、ここはやはり鰹出汁を十分堪能できる温うどんを中心にメニューを選定していくのがよいかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506232549j:plain

うどん屋で頂くおでん、かなりそそられるところ。

天明太バター釜玉うどん

f:id:aoi0730kanon0930:20210506233131j:plain

この店を堪能するためには鰹出汁をとかなんとか☆

魅力に負けました。ちょっと情報多いので整理していきましょう。

  • うどんの構成要素:明太+バター+釜玉

平たく言うと明太カルボナーラのような味わいでしょうか。かなり豪華な盛りつけになっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506233246j:plain

熱々に茹でられたうどんが冷めないうちに明太たまごとよ~く混ぜるとこんな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506234942j:plain

うどんは弾力がある一方で噛み応えもあるけど少し軟め。

  • サイドメニュー :鶏天(+大葉)

衣はざっくざく、食べ応えのあるおっきなもも肉が二つも。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506233622j:plain

噛むとジューシーな肉汁があふれてきます、単体でも美味しいんですがうどんの残り汁にたっぷりと絡めてもいいし

f:id:aoi0730kanon0930:20210506235318j:plain

残り汁言うな☆

備え付けの魚粉+特製醤油もあり。

f:id:aoi0730kanon0930:20210506235605j:plain

まとめ

今回はこれで以上です。
明太バター釜玉+鶏天のポテンシャルに負けて鰹出汁1mmも絡まないものをオーダーしてしまいましたが、ポテンシャルはしっかり味にも反映されていました。
是非次こそは鰹出汁を存分に味わえるメニューを堪能してみたいところです。