神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

味も雰囲気もトッピングも和歌山ラーメン。『こだわりの やぐらラーメン』

今回は和歌山にある『やぐらラーメン』さんのご紹介です。
最近でこそ知名度を上げてきた和歌山ラーメンですが、昔は他府県民にとっては何となく『あれ?和歌山市ってラーメン屋多いな』程度でした。
今回はそんな知名度を獲得する前から和歌山で、和歌山県民だけが密かに楽しんできた和歌山ラーメンのお店『やぐらラーメン』さんをレポートです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322003837j:plain

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

店舗概要

どんなお店?

お店があるのは和歌山県和歌山市。市内に2店舗ほどを展開する小規模チェーン(?)で、その外観、その内装など如何にもな和歌山ラーメンのお店感がどこからともなく漂ってくる、そんなお店です。
和歌山ラーメンのお店は和歌山ラーメンぽければぽい程お店の癖が色濃くなっていきます。例えばこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322004219j:plain

カウンター・テーブル座敷共通でセットされている卵と熟れ寿司。今回はお世話になる事はありませんでしたが、この二つが、というかテーブルにぽそっとご飯ものが置いてあって食べたければセルフって

和歌山ラーメン濃すぎるやろ

な、濃厚な和歌山ラーメンワールドの入口を垣間見ることができるのがこの二つだったりします。
入口の古びた感じと言い、このおもてなし品2種(と言っても有料ですが)、このお店は和歌山ラーメンっぽい和歌山ラーメンのお店と言える場所です。

営業時間・定休日・駐車場など

  • 営業時間:11時00分~22時00分
  • 定休日 :特になし
  • 駐車場 :有。前面に十数台あり。
  • 住  所:〒640-0112 和歌山県和歌山市西庄378−1

メニュー・味

メニューです。
昔は漁師さんなど海の男たちが、そして今はそれに加えてサーファーなど海で思いっきり体を動かしてきた人を相手にしているだけあって、味をしっかりと感じられるこってり系が揃っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322215833j:plain

イメージ的に濃さはとんこつラーメン>中華そばに思いがちですが、そこは和歌山ラーメン、まるっぽ逆転現象が起きています。あとご飯ものは炒飯とか調理系もありますが、熟れ寿司を着席して断りなく食べるというのも和歌山ラーメンっぽい感じがしていいかもしれません。

かなり偏ったイメージです☆

ランチメニューがかなりお得設定

まず中華そば・とんこつラーメンと言った基本となるラーメンが630円とかなり良心的値段設定なのですが、ランチのセットメニューも負けず劣らず。
特にラーメン・焼きめし・唐揚げで960円という金やぐらセットは、うちの様な家族でシェア前提なら、かなりお得なセットと言えます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322220323j:plain

中華そば

和歌山ラーメンは何故かラーメンと呼ばず『中華そば』と言います。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322221248j:plain

かまぼこ、ねぎたっぷり、一見味噌ラーメンみたいにすら見えるこの茶色いスープ、これぞ典型的『和歌山ラーメン 』。こってりした醤油とほんのりと感じるとんこつの甘み。『中華そば』と聞くと懐かしあっさり醤油が定番なんですが、こってりやけど確かにこれは懐かしい中華そばの味です。

概ね言ってる事がよくわかんない☆

ちょっと後半に物足りなくなってくる人の為に、濃い味好きのお供追加用『ラーメンダレ』も配備されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322225441j:plain

炒飯と唐揚げ

金やぐらセットについてくる炒飯と唐揚げです。こうしてみるとやっぱり豪華なセットです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200322222045j:plain

こっちも懐かしな感じの醤油味ベースの炒飯とカリッとしたから揚げ。

まとめ

今回はこれで以上です。
最近は知名度を得てきて、カップ麺になったりもしているので和歌山ラーメンぽくない和歌山ラーメンも増えてきました。

言う程和歌山ラーメンに馴染み無いやろ☆

典型的和歌山ラーメンを食べてみたい、そんな人はこのお店です。

room.rakuten.co.jp