神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

京都ラーメン研究所

今回は京都にある老舗『京都ラーメン研究所』のご紹介です。
僕の知る限り6,7年前からある老舗ラーメン店でその頃からずっと研究を続けているお店、今回はそんな京都ラーメン研究所をレポートしていきます。

店舗概要

京都駅から西へすぐ

このお店があるのは京都の玄関口『京都駅』からすぐ。京都駅八条口から徒歩10分程度西へ、他府県から来るとまず用事のないエリアにこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125224952j:plain

店の半径5mほどに近づくと豚骨独特の臭気が漂ってきます。豚骨臭=臭いもの、その為隠す向きが強い中、全く隠す素振りすら見せない潔いお店それがこのお店です。
最近あのとんこつ臭を嗅げるお店がなくて物足りないって方、こちらです。

そんな変態あんただけや☆

懐かしい雰囲気の店内

店内はカウンターのほかテーブルなども用意されていて、ファミリーや夫婦来店客なども見かける幅広い層に支持されているお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125225616j:plain

壁にベタベタとおすすめメニューが貼ってあったり、今日びなかなか見かけることのなくなった学割の設定があったりと、京都でも指折りの老舗だけあって随所に昔懐かしい雰囲気が漂っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125225740j:plain

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~16時00分、17時00分~0時00分
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:あり(提携)
  • 住  所:〒601-8427 京都府京都市南区西九条横町17
  • 支払方法:現金・paypay

営業時間が長いので、昼食をとりそこねたときに重宝するお店。提携駐車場は一区画挟んで一つ遠いタイムズの方なので、間違えないようにしましょう。

メニュー・味

ランチはラーメン3種・ご飯物3種からチョイス

メニューです。ランチの対象となるのはしょうゆとんこつ、和風醤油、あっさりとんこつの三種、サイドは餃子、丼、チャーハンなどチョイスの幅が広いのが魅力的。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125232103j:plain

ランチのセットにこだわらないなら、他にもエビ入りワンタンメンやたれそばなど更に魅力的なメニューも加わります。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125232106j:plain

とんこつしょうゆラーメン

今回はこのお店のオーソドックスメニュー『しょうゆとんこつラーメン』です。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125232634j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201125232631j:plain

見た目を裏切らないこってり感たっぷりなスープとそれを全力で受け止める中太ストレート麺。変な小細工は無用とばかりな真っ向勝負の一杯です。ガツンとした一杯が食べたい、そんなニーズにぴったり。よく染みたチャーシューに卵も外せないトッピング。

豚しょうが丼

チャーハンと迷うところですが、折角なので今回は豚しょうが丼をチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20201125233426j:plain

焼くより煮たといった印象の豚しょうがはあっさり、そしてさっぱり。緑と黄色の香味類も目に鮮やか。

まとめ

今回はこれで以上です。
メニューが研究結果表だったりずっと研究所を名乗り新メニューの開発に貪欲だったりと、昔からここにあり続ける人気店なのに進化を止めない良店です。どちらかといえばあんまり人通りの少ない八条口のしかもお店の殆どない西方面という超穴場立地。ちょっと京都のこと知ってる感をアピールするのには最適なお店と言えるでしょう。