神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

アットホームな外観とロッジ風な担々麺屋『まる坦おがわ』

今回ご紹介するのは京都にあるラーメン屋さん『まる担おがわ』。
ラーメン屋さん、とは言ったもののその外観はもうそのまんま家。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128231244j:plain

今回は町家改装風なんて言うオシャレ感をを大きく通り越して、そのまま家改装した感満載のまる坦おがわさんをレポートです。

店舗概要

お店は京都・桂の住宅街ど真ん中

このお店があるのは京都西部の町『桂』。どちらかと言うと住宅街のイメージが強いこの町、お店はそんなとある住宅街のど真ん中にあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128232129j:plain

ほんとのほんとに住宅街を縫うようにして道を進みどんどん細くなる道に不安になりながら最後には普通の住宅の前で『目的地に到着しました』。

あかん、遂にぶっ壊れやがったか

と思わされることもしばしばな立地、それがこのお店の特徴です。

店内はどちらかというとバー

外観はまるまんま家ですが、中はおしゃれな、でもラーメン屋というよりロッジ風のバーのようなお店。カウンター4席と樽をテーブルにした席のほか座敷が2脚ほどというこじんまりしたお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128232325j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201128232327j:plain

店の内装に由来する話かどうかは不明ですが、店内には剣岳のパンフレットが設置されていたり

トイレにはその辺りで撮られた風景が飾られていたりと、多くを語られていなくてもあ、ここのオーナー山が好きなんだなが見て取れます。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128232828j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201128232830j:plain

趣味の如何はともかく、単純にインテリアとして綺麗ですね☆

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:12時00分~14時00分、18時00分~22時00分
  •  定休日:火曜日
  •  駐車場:あり。
  • 住  所:〒615-8163 京都府京都市西京区樫原山ノ上町7−19
  • 支払方法:現金・iD・クレジット

お店の前に駐車場が2台分確保されています。が、逆にそこがいっぱいだった場合、代わりに停められる駐車場が近隣にありませんので、時間の選定は慎重に。

メニュー・味

トッピングの決め手は雲呑

メニューです、読めないほどではないですがここまで全部漢字なメニューは初めて見ました。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128233552j:plain

基本はノーマルと味噌の担々麺に酸辣湯麺

トッピングで雲呑を載せる載せないを選ぶ、チャーシューの代わりというわけですね☆

雲呑味噌担々麺

奇しくも一番豪華なメニューをチョイスした雲呑味噌担々麺です。メンマ、肉だね、葉野菜という割とオーソドックスに彩り鮮やか。そこに追加トッピングの雲呑、やっぱり豪華さが全然違います。

f:id:aoi0730kanon0930:20201128234904j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201128234900j:plain

麺は担々麺の王道細麺ストレート。辛さは普通でお願いしましたが、舌が痛いとかめっちゃ水飲みたいとか後頭部がクラクラするとかそういう無駄な辛さを感じません。
食べている内に知らず汗がじんわり染みてくる洗練された辛さとでも言うのでしょうか。汁まで飲み干せる数少ない担々麺として認定します。

まとめ

今回は以上です。
初見ではお店が見つけにくいどころか見つけても入って良いのかどうかすら迷ってしまう外観ですが、近隣にお住まい・勤務の方には人気なようで平日でも昼時には行列ができるほど。洗練された辛さと旨さの担々麺、一度ご賞味下さい。