神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

2019年10月29日ニューオープン『ラーメン麺ごころ』

今回は京都宇治に2019年10月にオープンしたラーメン屋麺ごころさんのご紹介です。
前々から気にはなっていたものの中々訪問に至らず。というのもこのお店、平時の営業は平日の昼間のみ。と言う訳で超カレンダー通りに過ごす僕にとってスケジュール的に全く縁のないお店やったんですが、今回は僕の中に溢れんばかりのラーメン愛により有給休暇を頂いて

風邪でぶっ倒れて病院行った帰りね☆

今回遂に訪問に至ったという訳です。では、今回はそんな営業時間が既にレアなラーメン屋『麺ごころ』さんをレポートします。

f:id:aoi0730kanon0930:20200129225704j:plain

店舗概要

このお店があるのは京都府宇治市。駅名でいうと京阪宇治線終点から一個手前の『三室戸』駅前になります。お店の営業時間は昼のみそれも平日のみ。昼と言っても11:00~14:00という超限定オープンの為、仕事帰りに寄ってみようとか、休日のランチに、とかそういった訪問が一切できないお店。
店内は割とこじんまりしていて、10に満たないカウンターとテーブルが2セットのみ。お店の人は若奥様風の美人、店主に見受けられます。
営業時間から見ても連日満員行列なんていうのを狙わず実直かつ確実にその時間に来たお客さんをさばくスタイルのようです。

メニュー・味

メニューです、食券制。多くを狙わないスタイルはメニューにも表れていて、提供しているのはラーメンとライス。それにトッピングと替え玉のみ、デザートがアイスクリンと言う事なんで、店主が高知所縁の人なのかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20200129231337j:plain

ラーメンです。
f:id:aoi0730kanon0930:20200129231722j:plain

これぞ京都ラーメンと言うべき王道背脂醤油、見た目こってり味あっさり。小細工なしのど真ん中で攻めてくる感じ、程よいバラ肉に細麺ストレートも京都のラーメンと言えばこれでしょと言わんばかり。

店主べっぴんやからって採点甘くない?

プライベートでご縁の無いご婦人にひいきは全くありません。
ライスは大きな炊飯器が置かれていてセルフ方式に。(車なので)僕はオーダーしてませんが、ビール他飲み物もセルフのようです。折角なので〆飯風に。

f:id:aoi0730kanon0930:20200129233354j:plain

見た目に反してあっさりさらさらと食べる事が出来ます。

アクセス

京都府宇治市京阪宇治線三室戸駅』前。駐車場無し。グーグルマップさんはまだ追い付いていないそうで、マップには表示されませんが駅に面した商店の並びに見えるのれんが目印。駅前から3分以内なので、『歩きすぎたかな?』と思ったら見過ごしています。

まとめ

今回はこれで以上です。
ラーメンの種類としては京都で見る極々オーソドックスな物ですが、変に手を広げ過ぎて味がぶれたり、提供時間が無駄に長くなったりと言った事を感じないので、好感の持てる味でした。某チェーン店と系統は同様ですが丁寧に作られている印象です、一度その細かな違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

room.rakuten.co.jp