神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ラーメン・つけ麺・まぜそばまで揃う『麵屋うさぎ』

今回ご紹介するのは、大阪にあるラーメン屋『麺屋うさぎ』さん。
今さらですが、大阪はB級グルメの宝庫です、串カツ、粉もん、そしてラーメンも。大阪と一言に言っても長細い府の中に余すところなくB級グルメが詰まっています。
今回は大阪のラーメン屋『麺屋うさぎ』さんのレポート。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201235219j:plain

店舗概要

このお店があるのは大阪の堺市に2店舗程展開する小規模チェーンです。堺と一言に言っても規模では、府内で大阪市に次いで大きい都市で、市の面積も結構広い。そんな堺市のほぼ北と南の端っこに1店ずつお店を構えているのが今回のお店うさぎさんです。
店の入り口には数々キャッシュレス決済のステッカー。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201225237j:plain

キャッシュレス決済導入自体は決済方法の新設、つまり販売促進につながる上に相手は民間企業で、それなりにライバル企業もいて導入に関し割と親身になってくれます。
対してキャッシュレス還元事業は国営、つまり国です。奴ら税金をばら撒く事に執心するものの、利便性を求めるつもりは全くないようで、手続きもめっちゃ面倒だったりします。まあ、一事が万事そんなのばっかりなので今さら驚きもしませんが、そんな面倒な手続きを踏まえる店側のメリットはこのステッカー一枚貼らせてもらえること以外に一切ないので、5%還元対象店舗でも手続きを敬遠しているお店も多いんです。逆に言えば店にメリット何にもないこのキャッシュレス5%ステッカーを貼っているお店はお客さんが得をしてくれるように、自分とこにろくにメリットもないような5%還元の手続きを踏んでくれた割といいお店(販売促進もあるでしょうが、ネット店舗を除き、促進はキャッシュレス導入の時点で十分効果はあります。)であると覚えておきましょう。

御上に何かされたの?

本業をすごく面倒臭くされてしまったというだけです。 

メニュー・味

メニューです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201231030j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191201231034j:plain

ラーメンとつけ麺、それに混ぜ麺まで用意されていて、それぞれにかなり魅力的な麺類が揃っています。煮干しが魅力の一つなようで、直接的あるいは間接的にあしらわれているメニューが多数。
ご飯メニューは卵かけご飯とか、そぼろ丼とか割とシンプルにまとめたものが多そうなイメージ。
今回は混ぜ麺にしてみました。汁なし麻辣担々麺。

ほんまは煮干しラーメンか、煮干しつけ麺にすべき。それが店のレポータのあるべき姿や、それはわかってます。でも、花椒(ホワジャオ)の効いた本場麻婆豆腐に負けない担々麺ですとまで言われて、どうして断れるでしょう、いや断れるはずがない。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201231542j:plain

酔っぱで書くなとあれほど。。。

しっかりと混ぜ合わせて一口。辛い、一瞬で汗が噴き出してきます。
花椒の香りと味が舌を絶妙に刺激し、旨い、でも辛い、でも旨い。
辛すぎたので生卵をオーダー、無論メニューにはありません。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201233812j:plain

じゃ頼むなよ☆

快く受けてくれたんでいいかなって。
黄身の濃さがいい卵なのが何となく見て取れます。辛さがイイ感じにマイルドに。
期間限定と聞いて、急きょオーダー変更したカレー。限定20食なんだとか。

f:id:aoi0730kanon0930:20191201233709j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191201233713j:plain

こっちもやっぱり辛い、けど煮込まれた感がありありと伝わってくる肉がホロホロと崩れてきて旨い。コクの感じはまさしく家カレーの一日じっくり煮込んだタイプのやつです。

アクセス

大阪府堺市内に2店舗、今回ご訪問は堺市北部の『宿院店』。駐車場無し。

まとめ

今回はこれで以上です。フィーリングの赴くままにオーダーしてしまい、辛くも辛い物祭りになってしまった事は正味反省すらすべきところでもありますが

反省は毎回すべきだと思うけど、色々な意味で☆

メニューは基本メニューから応用のものまで魅力にあふれています。差し当たって僕の再訪時には煮干しラーメンか煮干しつけ麺になろうかと思いますが、バリエーションの多さを見ても『また来てみたい』そんな風に思わせてくれるお店でした。