神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

白と黒、赤の饗宴『ラーメン三福』

今回は滋賀にあるラーメン三福さんのご紹介です。
このお店はとんこつ一筋、おいしいのは存じていますが臭いとこってり感がちょっと、、という人は多いはず。そんなとんこつ二大問題をいっぺんに解決しているのが今回の三福さんです。

店舗概要

お店があるのは滋賀県守山市

このお店があるのは滋賀県守山市知名度はそれほどでもありませんが、実は名店の多い滋賀、今回の三福さんそんな中に数えられる地元のお客さんでにぎわいを見せる人気店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220160420j:plain

訪問したのは13時過ぎだったんですが、それでも駐車場はほぼ満車、その人気振りには、俄然味への期待度も急上昇。

 

ぱっと見居酒屋さん

お店の中は座敷があったり、カウンターが広かったりと、一見するところ居酒屋さんのように見えます。潰れた居酒屋さんへ居抜きでオープンしたというよりは、お食事処として営業していたお店がラーメンをやったらヒットしたというのが正しいようです。

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~14時00分、18時00分~21時00分(木・日ランチ営業のみ)
  • 定休日 :特になし
  • 駐車場 :あり
  • 住  所:〒524-0044 滋賀県守山市古高町428
  • 支払方法:現金。(食券制)

駐車場は店舗前のほか、お店の西側にもスペースが設けられています。

メニュー・味

三種三様のとんこつスープ

メニューです、ラーメンは3種用意されていますが、全部とんこつ。とんこつは臭いがちょっとという方多いかもしれませんが

f:id:aoi0730kanon0930:20210220161753j:plain

この店全く臭くありません、とんこつの臭さがあってこその豚骨ラーメン店やろという方には申し訳ない限りですが、親しみやすいお店と言えるでしょう。

王道の豚骨(白)

恐らく基本のメニューになってくるのだろう王道豚骨。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220162303j:plain

正に豚骨ラーメンはこうあるべきというオーソドックスな外見です。味もさぞや濃いだろうと思って一口。かなりあっさりです。薄いというより食べやすいというのが表現として正しいでしょう。よく見るとこのスープ泡立てられているんですが、そのきめ細かさがスープのくどさとかえぐみをかき消してくれているんです。麺は細麺、するすると食べ進めやすく、気が付けば完食を体現してくれるラーメンといえます。

熟成黒にんにく(黒)

黒にんにくと聞いていたのである程度予想はしていたものの、そのさらに上を行く黒さを誇っていました。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220162754j:plain

香ばしいニンニクの香りが鼻を突きます、それもチップとスープの異なる二種。
こちらも意外とあっさり、なのかと思いきや流石にガツンとしたこってり感。
こちらのポテンシャルを最大限感じるならやはり替え玉は外せません。写真は半玉。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220163000j:plain

味ボケ防止にラーメンタレを忘れずにスープへダイブ。

セットB(煮込みチャー丼+から揚げ×2)

一緒に頼んでいないので両者の違いはいまいちわかんないものの、こちらはセットの煮込みチャー丼です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220163128j:plain

チャーシューのきれっぱしを盛り付けてその上からマヨネーズとネギをトッピング。正に時間無い店主らがささっと食べられるまかない飯のような様相です。
もう一つは割とオーソドックスなから揚げ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210220163329j:plain

カリカリっとした衣が香ばしく、ビールが欲しくなったことは言うまでもありません。

まとめ

今回はこれで以上です。
とんこつラーメンといえばあの近所から苦情が来るレベルノアの臭さ、あれが失われるのは寂しい限りなんですが

筆者は臭いフェチという訳ではなく、とんこつ臭のみを愛する生粋の変態です☆

臭いもなければくどさもないので、多くの人が親しみやすい味に仕上げられています。駐車場も多く利用しやすいお店なので滋賀ドライブの際には一度お立ち寄りください。