神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

『農家のうどん屋』の釜たまはやっぱり最高だった。

今回ご紹介するのは大阪にある『農家のうどん屋』さん。
店名がそのままジャンルとコンセプトをそのまんま説明してくれているというシンプルかつわかりやすいお店です。

店舗概要

お店は大阪府堺市

このお店があるのは大阪第二の都市堺市。商人の街として昔から有名で都会のイメージが強い街ですが、少し町から外れた場所に行けばのどかな風景が広がります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227221709j:plain

横並びカウンターの居酒屋スタイル

讃岐うどんもそうですが、やっぱりうどん屋さんにはレトロな雰囲気が似合います。店内は、清潔な横一列のカウンターのイメージは小料理屋さん。お酒の取り扱いもあるようで、のん兵衛には嬉しい限りです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227222534j:plain

例によって車で訪問の筆者は飲めないのでお酒関連の紹介は一切カットです☆

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~14時00分、17時00分~21時00分
  •  定休日:日曜日・月曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒599-8123 大阪府堺市東区北野田459−3
  • 支払方法:現金のみ

駐車場はありませんが、お店を行き過ぎたすぐの場所にコインパーキングがあります。

メニュー・味

魅力的なうどんメニューと天ぷらたち

メニューです、レギュラーのほかにおすすめが用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227223433j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210227223430j:plain

うどんといえばやっぱり天ぷらですが、えびやちくわから野菜、今回はいわしなど魅力的なメニューが揃い、気を抜けば途端に高額会計へと誘ってくれる魔性を秘めています。

財布軽いくせに意志弱すぎるからや☆

いわし天はもはや芸術の域

 うどんメニューを安価に抑えて天ぷらを拡充するか、迷った末に選択したのはこちら。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227224210j:plain

美しい、盛り付けといい衣の色合いと言い、もはや芸術の域といってよいでしょう。

控えめに言って変態ですね☆

衣はふわふわ、身もふわふわ。そのままでもいわしの旨味でおいしく頂けるのですが、控えめに塩を振り掛けるとさらに美味しく頂けます。

釜玉うどんはお色直しで二度おいし

うどんも迷ったもののこれに決め。どっかのチェーン店でおなじみ釜玉うどん。うどん屋さんはうどんと天ぷら、合計額のバランスが難しいです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227224838j:plain

釜玉うどん用の醤油を回しかけて、しっかりと玉子を絡ませて、うまい。普通の醤油と比べて塩っ気控えめであっさりと食べられます。
さて、ここまでなら普通の釜玉うどん、おいしいですがほかでも食べれないことはありません。この店のポテンシャルはここから始まります。それが+100円のだし割り
半分程度食べ終わった後にオーダーしましょう、するとなんという事でしょう。卵スープのうどんにお色直しして再登場してくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210227225930j:plain

歯の浮くような解説ですが、中身はあさイチ伸びをすればこむら返りを起こすおっさんです☆

うどん屋さんの出汁なわけですから、これが美味しくないはずがありません。あっさり風味の良い出汁はもはや飲み物といってよい境地にあるといえます。オーダーしたのは偶然ですが、食べた後にはこの+100円にはかけうどんをもう一杯頼みなおすレベルの価値があります。卵も溶けだしています、かんまく(汁を全部飲むこと)はマストです。

まとめ

今回はこれで以上です。
佐賀牛の肉うどんというのもものすごい魅力を放っているんですが、この釜たまにはそれ以上の魅力が詰まっています。そして安い分ほかの天ぷらなどを頼みやすい副次的メリットも発生します。

財布の中身がいつも軽い筆者には特にここが重要なんです☆

来店の際は是非お財布と相談の上、うどんと天ぷら両方頼むようにしてください。