神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

知多半島で。昔懐かしポン菓子を頂く『ぽんかふぇ』

今回は知多半島沿いにある『ぽんかふぇ』さんのご紹介です。
店名の『ぽん』とはポン菓子、あの昔ながらのあのポン菓子です。このお店はポン菓子専門店なんです。

店舗概要

お店があるのは愛知県知多郡

このお店があるのは愛知県知多郡。南端にある羽豆岬から東側の道沿いを少し走った先にあるのがこのお店。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820215337j:plain

ライダーズカフェ兼ポン菓子販売店なお店

南知多の主要道路は海から少し離れているものの東側は海間近。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820205034j:plain

気持ちの良いドライブコースが続く中にあるこのお店はドライブがてら立ち寄るのに最適。フォトスポットもしっかり設置されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820214850j:plain

こんなドライブに最適な道沿いのお店だからなのか、最適な道沿いに建てたからか不明ですが、ここはライダー(特にバイクたち)の集う場所にもなっているようです。

アクセスなど

  • 営業時間:10時00分~16時00分(土・日~17時00分)
  •  定休日:火曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒470-3411 愛知県知多郡南知多町豊丘かに川103

店内散策

どこもかしこもポン菓子

このお店はポン菓子専門店。という訳で店内は見渡す限り色んなポン菓子がたっぷり。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820215829j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210820215833j:plain

中には違う商品として見たことがあるものだったり

f:id:aoi0730kanon0930:20210820215949j:plain

今回は中でもカラフルでファッショナブルなポン菓子を購入。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820220138j:plain

昭和のポン菓子と言えば、砂糖というかほんのりした甘い味一択ですが、今は令和。ポン菓子も進化して7種のフレーバーが楽しめるようになっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820220343j:plain

南知多海沿いのお店の商品だけあって、バックの青い海・空の中でもよく映えます。

通りすがりのカップルから遠巻きに変な人を見る目で見られていたことは内緒です☆

デザートにもやっぱりポン菓子

ポン菓子専門店ですが、暑い夏はやっぱり冷たいものが欲しい。けどやっぱりここはポン菓子専門店なので『ポンアイス』なるものが販売されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820224323j:plain

ポン菓子要らなくね?

店のコンセプトを全否定すんな

まあ個人的な感想は置いといて白桃アイス、それにかき氷をオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820224442j:plain

このサラダでいう胡麻のポジショニングを決め込んでいるのがポン菓子です。
改めてポン菓子ってどんなものか、そもそもポン菓子って何なのかわかんない人も多いかも知れませんが、乱暴な言い方をすれば穀物(主に米)版のポップコーンです。

だいぶ雑な解説ですが、圧力をかけて膨らませたという意味で共通しています☆

じゃあポップコーンでいいんじゃ?なんていうひねくれものもいるかもしれませんが、最近は米にとどまらずに雑穀を原料に、シリアルと名を変えてローカロリーでかつ栄養価も高い健康食として人気を博しています。
そして、何よりポップコーンを食べる上で邪魔でしかないあの茶色いあれがない。

f:id:aoi0730kanon0930:20210820231443j:plain

  • 歯に挟まる
  • 歯茎に刺さる
  • 歯磨きしてもなかなか取れない

というおよそ何のために存在しているのかわからないあれがないだけでポン菓子に軍配が上がるのは明白と言えるでしょう。

まとめ

今回はこれで以上です。