神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

あっさりトリパイタンは何度でも食べられる『ロケットキッチン』

今回は大阪にあるラーメン屋『ロケットキッチン』のご紹介です。
名前だけ見ると何のお店なんだかいまいちわからないですが、れっきとしたラーメン屋さんです。今回はこのロケットキッチンさんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200225000915j:plain

店舗概要

このお店があるのは大阪府堺市。日本一の仁徳天皇陵古墳初め、名だたる古墳が点在する百舌鳥・古市古墳群が西側にあります。

百舌鳥・古市古墳群はその名の通り西部の百舌鳥、東部の古市の2地域に渡って広がる史跡の群なんです☆

大昔は政治、江戸時代は経済の中心地だった街『堺』は今では歴史・観光・経済、それにラーメンの町として栄えている街です。

最後の思いっきり主観よね☆

でも本当に堺市には美味しいラーメン屋がそこかしこにひしめいているんです。このお店はそんな中の一つ。

f:id:aoi0730kanon0930:20200224231004j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200224231006j:plain

何のお店??

『ロケキチ』。略されるとますます何のお店かわからなくなります。外観もコンクリの白壁造り、店内にはお洒落なジャズ、のれんさえかかっていなければお洒落なカフェと言われても間違えてしまう様相を呈しています。

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~15時00分 18時00分~22時00分
  •  定休日:日曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒591-8032 大阪府堺市北区百舌鳥梅町3丁9−8
  • 支払方法:現金のみ

店内はカウンターのみ。週末は特に行列がいつまで経っても捌ける事のない大人気店です。ある程度の待ち時間は覚悟しましょう☆

メニュー・味

メニューです。メインはトリ塩・トリ醤油白湯、他にも和風醤油、つけ麺、ほか期間限定でゆず温泉なるつけ麺もあるんだとか。麺のバリエーション豊富です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200224231322j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200224231250j:plain

トリ塩パイタン

今回はトリ塩パイタンをオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20200224233941j:plain

白湯スープと聞くと最近流行りのブレンダで撹拌して泡立てたクリーミーなものを想像しがちですが、それとは一線を画すものです。本来の白湯スープとでもいうべきところでしょうか。基本あっさり、少し甘めで塩が味を引き締めながら、これを平打ちのちぢれ麺がしっかりと受け止めてくれる、濃さでなく味で勝負するラーメンと言ったところでしょうか。旨味の凝縮に相当骨を折っているだろう事が窺えます。
とはいえ、男性、それも日頃からコテコテした者ばっかり食べている諸兄にとっては後半頼りなく、パンチが弱く感じるようになっていきます。そこで調味料の出番です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200224234645j:plain

白コショウ(多分)、唐辛子(っぽい)、そしてブラックペッパー。

はっきりしなはれ☆

お薦めはブラックペッパーです。俄然味が引き立ちます。

ライス(小)

セットがなかったので、今回は単品でライスをオーダー。当然スープがあってライスを頼んだのですから、必然的に

f:id:aoi0730kanon0930:20200224235406j:plain

こうなります。

ならへんわ☆

ラーメンにはあっさりでしたが、ライスとの掛け合わせには丁度いい感じです。

 

まとめ

今回はこれで以上です。
堺・中百舌鳥は古墳群が世界遺産となってから先、突然人の沸く観光名所が20か所くらい現れた街ですが、本来観光名所の多い街でもあります。
ラーメンは所要時間が短くて美味しくて安いので、フィールドワークを伴う堺市の観光に正にうってつけと言えます。観光抜きの単体でもリピートし甲斐のあるお店なので、是非一度ご訪問してみて下さい。