神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

主力ブランドは日本城と車坂。『吉村秀雄商店』

今回は和歌山にある酒蔵『吉村秀雄商店』さんのご紹介です。
創業者の名前を冠するこの酒蔵の歴史は実に約100年、清流紀の川と自家栽培の山田錦にこだわる老舗の造り酒屋さんです。
今回はそんな和歌山の酒蔵さん『吉村秀雄商店』さんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200326001239j:plain

美味しい日本酒セレクション|ROOM - 欲しい! に出会える。

酒蔵概要

酒蔵さんがあるのは根来寺周辺の紀の川沿い

このお店があるのは和歌山県岩出市。和歌山北部では赤道直下の国のように、東西に走る国道24号線沿いに店が集中する県なんですが

大体どこもそうじゃない?

このお店があるのもほぼほぼ岩出市にさしかかった辺り、店名にもある『根来』というのは恐らくこの辺りにある根来寺から来るもので、鎌倉時代から栄えていただろう事が窺える歴史深い街です。

吉村英雄商店は大正時代から約100年続く老舗酒蔵

吉村英雄商店が創業したのは大正4年。紀ノ川の伏流水という大きな地の利を生かし、創業以来から使われる土蔵の蔵を使い、自然の中で酒を醸す事に拘っているそうです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325222821j:plain

最近でこそ日本酒がブームになったものの、一時『日本酒は飲まれない』そんな時代がありました。この酒蔵さんではそんな時代の流れにただ嘆くだけでなく、自分達の大きな武器になるようにと酒米となる山田錦の栽培に取り組みます。酒造好適米として認定を受けたのは平成17年になってから。
真の地酒とは全国に誇れる個性とはを常に考える革新的な酒造メーカーさんと言えます。 

お酒の試飲・購入・飲食は併設する『酒のねごろっく』さんで

吉村秀雄商店のお酒はすぐ横にある『酒のねごろっく』さんと言うお店で購入出来ます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325230506j:plain

吉村商店の造酒は勿論、他の銘酒も揃え、試飲や飲食コーナーも店内に揃える中々楽しそうなお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325230648j:plain

店内には、吉村商店主力の車坂・日本城ほか、お店一押しだろう銘酒がずらり。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325231338j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200325231342j:plain

日本酒に限らず、リキュールや

f:id:aoi0730kanon0930:20200325231553j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200325231556j:plain

おつまみ・地場のお土産なども豊富に揃っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325231616j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200325231618j:plain

購入してみました

種類豊富に揃っていて、地酒にしては結構リーズナブルなお値段のものもあり、結構迷いましたが

レジ持って行った挙句、値段確認して変更とか超格好悪い事もしましたが☆

今回はこんな感じのチョイスになりました。

車坂

吉村商店の主力ブランドの一つ車坂。コンセプトがユニークで、今回購入したのは『魚に合う吟醸酒』。他にも旨味たっぷり純米酒純米酒おふくろラベルなんていうどんな味わいなのか気になる商品もあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20200325232050j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200325232046j:plain

口中に拡がる強い香り。度数は普通なのにこのお酒強いのかなと感じてしまう程の強い旨味を感じます。

泉姫

たまには日本酒じゃないお酒も買ってみたいと思い、購入してみた泉姫、兵庫の泉酒造さんのお酒。

 

f:id:aoi0730kanon0930:20200325234644j:plain

こちらはまだ取ってあるので、飲んだ後に改めて感想を掲載します。 

営業時間・駐車場など

  • 営業時間:8:00~18:00
  • 定休日

   4月~10月:土・日・祝

   上記以外  :  日・祝

  • 駐車場:ねごろっく前に付設駐車場有、10台弱程度。 
  • 住  所:〒649-6244 和歌山県岩出市畑毛

まとめ

今回はこれで以上です。
僕はここに限らず訪問はほぼ車なので実行不可ですが、このお店では試飲だけでなく角打ちコップ売りと言って、一杯60㏄という有料で試し飲みよりちょっと多い量を飲む事が出来るサービスもあります。
もし電車もしくはパートナーの運転で訪問が出来る方は、是非こちらのサービスをご活用ください。