神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

家系未デビューの方必見。京都で家系『総代 麵家あくた川』

今回は京都発祥のラーメン屋さん『麵家あくた川』さんのご紹介です。
京都にある家系チェーン店という事で、いつも、そしてどのお店も行列の絶えない、今最も勢いを感じるラーメン屋さんの一つに今回突撃してみました。

店舗概要

京都市左京区百万遍

このお店があるのは京都市左京区京都府民の叡智が結集(というか多分他府県民も多数)する京都大学・京大附属病院があって周りには目白押しの観光スポット。その中心の交差点『百万遍』北東角にこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20211122230930j:plain

黒地に金文字、そして総代の文字は6店舗のトップ(多分本店という意味)を表す称号で、めんや=麺家と書くところからいわゆる家系ラーメンであろうことが窺えます。

アクセスなど

こんな抜群のロケーションなので駐車場は流石に期待するのは酷でしょう。最寄り駅は出町柳、ですが少し歩きます。

メニュー・味

メニューはシンプル。そしてライスお代わりし放題

メニューです、食券制。基本のらーめんからのり玉<チャーシュー=味玉<総代と主に具材がパワーアップしていくシステムみたい。

f:id:aoi0730kanon0930:20211122231518j:plain

今では割と定着したお好みシステム。

f:id:aoi0730kanon0930:20211122231732j:plain

ラーメン大

メニュー詳細は見返さず、そう敢えてね。そして来ましたらーめん大(麺320g)。

f:id:aoi0730kanon0930:20211122232017j:plain

優柔不断なため見返すと決められない、そして重要な表記をたいてい見逃す。

とんこつの濃厚な感じ、中太ちぢれ、ほうれん草とのり。卵こそないけどこれはまさしく家系です。画面上変化が出るのか不明ですが、今回のオーダーは麺硬め、スープ濃いめ、油多めの全部多めバージョンです。
濃厚と言っても嫌なえぐみはなく、ノーマルはそれほど濃くはないのだろうことが窺えます、中太ちぢれに麺カタは相性があまりよくないのか普通またはヤワの方が良いかも。本流が家系なので、濃くないとまでは言えませんが、家系デビューには適したお店と言えるかもしれません。

このお店で余り脚光を浴びる事がない総代丼。ですが

このお店では50円でライスが頼めて、しかもお代わり無料。流石は大学前にあって、若人たちの舌を日夜うならせているだけあるといったところですが、逆にそれ故必然的に丼メニューの影は薄くなるというもの。ですが、今回は敢えてのオーダー。理由はそういうものにこそ秘蔵の一品が潜んでいるから。

f:id:aoi0730kanon0930:20211122233119j:plain

老化のせいで単純にライスお代わりに魅力を感じなくなっただけよね☆

カウンターにいれば提供の20秒前から焦がしチャーシュー、焦がしマヨ、焦がし葱の香りが着丼が近い事を知らせてくれます。
こういうサイドの丼系って他店との差別化は難しいですよね、あんまり冒険しすぎる訳にもいかないし。このお店ではそれを表面直炙りにて体現。勢いよく掻き込む様は正に大学前グルメにぴったりといったところでしょうか。

まとめ

今回はこれで以上です。
家系ラーメンって味が荒々しいというか、結構好みが分かれるところですよね。特に女性で天一はあっさり派という方なんか、じゃあ普通のラーメンいけよこってり系ラーメンの宿命と言えるかもしれません。
このお店はそこら辺の自身らの特徴も熟知しているようで、味が濃過ぎないか、調節できるので声をかけてほしい旨のお客さんを気遣う声が聞こえます。
家系未体験の方、是非こちらでデビューしてください。