神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

滋賀に大分の鉄板魔術師現る『想夫恋』

相変わらず何でも盛り込めばええってもんちゃうぞタイトル☆

今回は滋賀にある焼きそば屋さん?『想夫恋』のご紹介です。
何気なくソース系が食べたくなって、急遽入っただけの出会いだったのですが、こういったお店でこそドラマティックな展開が待っているものです。

おっさんにそんな展開はない☆

お店概要

お店は滋賀県水口市

このお店があるのは滋賀県甲賀市。伊賀・甲賀忍者で有名な忍者の里で、この辺りの狭い道では子供じゃなくて忍者が飛び出してくる脅威の街です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210614170851j:plain

お店があるのはそんな中でも特に景観地区が残る水口町の辺り、大きな赤い看板が目印です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210614170919j:plain

想夫恋は大分で50年以上の歴史を持つ老舗焼きそば屋さん

近畿住まいが長い(というか外出たことがない)ので、あんまりなじみがなかったんですが、想夫恋・想夫恋焼きというのは大分にある日田という町で50年以上親しまれたご当地グルメソウルフードなんだとか。その想夫恋焼き愛は勢いあまって昭和感たっぷりな漫画まで作ってしまうほど。

元祖!日田焼きそば 想夫恋

麺、もやし、豚肉にこだわった大分県民大好きフードで、近畿で味わえるのはここと京都店のみ。貴重かつご当地特有のここでしか味わえない感漂うグルメです。

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~22時00分
  •  定休日:木曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒528-0042 滋賀県甲賀市水口町虫生野中央182
  • 支払方法:現金のみ

駐車場が少なそうに見えますが、お店の裏手にもあって計10台前後は止められそう。
決済手段が現金のみなのが若干辛いですが、何でもかんでも望む話でもないでしょう。

メニュー・味

メニューです、焼きそばはノーマル、山かけ、しその三種。焼きそば専門店ですが、そのメニュー開発中はラーメンもやっていたそうで、その名残のとんこつラーメン。

f:id:aoi0730kanon0930:20210614173935j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210614173938j:plain

それに焼きそばと言えば鉄板がデフォルトなので一品物も充実しています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210614174025j:plain

焼きそばは鉄板の上に熱々

焼きそばです、日田焼きそば『想夫恋焼き』。大盛なのでもう鉄板の上でじゅうじゅうとうず高い麺の山は迫力満点。

f:id:aoi0730kanon0930:20210614174117j:plain

こだわりはシャキシャキした食感を残したもやし、産地にこだわる豚肉、それにそれそのものとカリカリに焼く焼き方にもこだわった麺。そのカリカリ感とソースの程よい焦げ具合は味は大阪の味を思い出し、短めにカットされた麺はそばめしのめしがない版のようにも感じられます。

(ツッコむところ多すぎて面倒だから黙っておこう)

チャーハンが予想外にうまい

食べるお店は見つける前についつい見てしまうのが口コミ。そこで『チャーハンは冷凍』という記述があったので、正味期待はしていなかったんですが

f:id:aoi0730kanon0930:20210614174621j:plain

だったら頼むなよ☆

これが不思議な味ですが美味しい。魚介とも違う、けどソースとも和風出汁ともちょっと違う謎のあっさり仕立ては、期待していなかっただけになお美味しい。やはり、冷凍だろうが何だろうが鉄板で焼いたものはすべからく鉄板焼きのクオリティを付与されるという事なのでしょう。もう少し僕にコミュ力が備わっていれば、味付け聞き出せたところだったんですが残念です。

コミュ力0は少しくらい何足してもほぼ0やろ☆

まとめ

今回はこれで以上です。
くどくないソース、カリカリになるまで入念に焼かれた麺、シャキシャキもやし。お店の歴史は50年だそうですが、これらを組み合わせることへたどりつくのにはきっと更に長い歴史があるのかと思うと感慨深い、大分グルメでした。