神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

宇治で茶そば食べたいならここ。『とり菊』

今回は京都・宇治にある和食屋『とり菊』さんのご紹介です。
宇治は言わずとしれたお茶の街で、このお店はお茶のそば茶そばと、あとあんまり見かけない抹茶うどんが食べられるお店です。

店舗概要

お店は宇治・平等院の裏道にあります

このお店があるのは京都・宇治。宇治のシンボル平等院の表参道は全国的にも有名なお茶屋さんがいくつも軒を連ねる華やかで賑やかなお茶屋さんストリートが続くんですが、このお店があるのはいわば裏参道。こちら側はこのお店がある他は閑静な住宅街で、そんな住宅地に囲まれるようにしてこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111212426j:plain

お店の外観はちょっと。。でも中は

お店の外観は正直お店のようには見えません。暖簾こそ出ているもののどっちかっていうと周りと同じ普通の家みたい。一方お店の中はというとこんな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111212552j:plain

ちょっと昭和な雰囲気の残る和食屋さんといったところでしょうか。民宿の食堂でご飯を食べるときのような、そんなちょっと暖かな感覚を覚えるのがこのお店です。

 

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:10時30分~17時00分
  •  定休日:月曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒611-0021 京都府宇治市宇治蓮華95
  • 支払方法:現金のみ

駐車場はありませんが、すぐ横にコインパーキングがあります。平等院も秒で行ける範囲なので、拝観前の腹ごしらえにベストポジションと言えます。

メニュー・味

メインは茶そば・抹茶うどんと一品物の定食

メニューです。一品一品丁寧に紹介されているので見やすいです。メインはやっぱり茶そば・抹茶うどんの模様。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111213436j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201111213440j:plain

そばのつく定食のバリエーションは色々。お茶の葉の天ぷらっていうのも気になる所。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111213515j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201111213518j:plain

一方で抹茶全く関係のないメニューもあって逆に気になる所。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111213646j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201111213652j:plain

お漬物はタッパーに入れたもの数種が提供され、好きなだけよそって食べてよしというセルフビュッフェ方式?

f:id:aoi0730kanon0930:20201111213849j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201111213846j:plain

抹茶そば定食

抹茶そばの定食です。やっぱりどうせ食べるならこれでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111213907j:plain

そばが緑なだけ、そんな風に思えるかもしれませんが、個人的に抹茶そばはそばとは全く別物という印象があります。その特徴はそのつやと喉ごし。良くも悪くもそばにあるざらっとした質感が茶そばにはなくて、ツルンとしています。なので、温蕎麦よりもざるのほうが美味しく頂けます。

お寿司の定食

普通にお寿司屋さんで提供されても全く疑いなく受け入れてしまいそうなお寿司の定食。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111214251j:plain

厳選ネタ9種はどれも美味しく頂けます。

とんかつ定食

多くが茶そばと〇〇というラインナップの中で異彩を放つのがこのとんかつ定食。
まずこれだけ茶そばがなくてにゅう麺、そしてご飯が茶飯という他のメニューでは見かけないだらけ。

f:id:aoi0730kanon0930:20201111214400j:plain

とんかつが肉厚で美味しいのもあり。
ですが、意外なのがこの茶飯。ただ茶色いだけと正直侮っていたんですが、程よいお茶の香ばしさの感じられる素朴なご飯は思いの外美味。

まとめ

今回はこれで以上です。
パッと見お店っぽく見えないので、素通りしてしまう人も多いかもしれません。表参道の方が華やかで美味しそうに見えるかもしれませんが、外観に騙されず一度訪れてみましょう。観光地価格の多い表参道に比べてもリーズナブルで美味しいランチが楽しめます。