神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

宇治市植物公園の枝垂桜が満開です。

さあ、どこもかしこも桜は満開です。

テンション高いな、無駄に☆

コロナ対策では泰然自若の一択だった宇治市ですが、現在宇治市植物公園の枝垂桜は正に満開、絶賛見ごろを迎えていて、夜間ライトアップで観覧客を出迎えてくれるという粋な計らいを見せてくれています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403004005j:plain

公園概要

宇治市ネイチャーエリアの一つ

勝手に名前つけんな☆

公園はJR宇治駅からずっと続く緩やかな坂を太陽が丘運動公園に向けてのぼり、その裏手、立命館宇治高校の向かい側のお隣辺りに公園はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210402234732j:plain

手ごろな広さの植物公園

京都市植物公園なんかと比べても少しこじんまりとしていて、散策にはちょうどよい広さかもしれません。中心の噴水広場から春のゾーン、夏のゾーン、秋のゾーンと3エリアを有し、エリアのない冬でも梅などいつ行っても楽しむことが出来る場所です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403004045p:plain

アクセスなど

  • 営業時間:9時00分~17時00分
  •  定休日:月曜日
  •  駐車場:あり(有料)
  • 住  所:〒611-0031 京都府宇治市広野町八軒屋谷25−1

駐車場は200台、十分駐車は可能です。この辺りにはほかにも太陽が丘運動公園、鴻ノ巣山運動公園など自然あふれる場所が色々集まっています。癒されたい時に訪れたいエリアです。

公園散策

直近では冬とこの春の二回、それぞれに違った感じが楽しめます。

春のゾーン(夜桜ライトアップ)

昼間見ても勿論きれいなんですが、夜桜はその美しさに妖艶さが加わり不思議な魅力に包まれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210402235537j:plain

春のゾーンは緩やかなスロープ状の坂を下りていく中、主に枝垂桜を楽しむことが出来るようになっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210402235741j:plain

枝垂桜ってソメイヨシノよりも立体的で、なんだか迫ってくるような美しさがありますよね。勿論、枝垂以外の桜も楽しむことが出来ます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403000008j:plain

晩冬は梅も菜の花も綺麗

散歩したい、ただそれだけで正直期待もしていなかった冬の植物園は、ちょうど梅が見ごろを迎えているという事も。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403000226j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210403000436j:plain

大体〇〇天満宮で見る梅は紅梅と白梅が殆どですが、ここでは蠟梅(厳密には梅ではない)も楽しむことが出来ます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403000532j:plain

あとところどころアクセントに菜の花が植えられていて、これはこれで鮮やか。

f:id:aoi0730kanon0930:20210403000856j:plain

併設するレストラン蝶々も人気

人の集まる公共施設に併設するレストランって割と大したことのないところが多いですよね。

普通に失礼やな☆

この植物園にも併設されたレストランは大人気。郊外へドライブがてら開放的な店内でアジアンテイストのランチをゆったりまったり楽しめる、そんなお店です。

www.aoimon.net

まとめ

今回はこれで以上です。
動物園、水族館は割と子供も大人も楽しめるんですが、植物園は中々好みが別れるところかもしれません、特にお子さん連れだとお寺や神社だと退屈させてしまう事もしばしば。四季折々色んな花が楽しめて、広い敷地を散策しながら花を思う存分鑑賞できるのは何よりの癒しになります。
最近心が疲れたな、そう思った際はここを思い出してください。