神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

安井酒造場さんと主力ブランド『初桜』

今回ご紹介するのは滋賀にある『安井酒造場』さんです。
滋賀の湖南地域は近江平野の近江米と言う言葉がある通り、日本でも有数の米どころで、近畿の水がめと呼ばれる琵琶湖が真ん中にでっかくあって、知名度はそんなに高くないかもしれませんが、美味しい蔵元さんが多いんです。
ここもそんな一つ。では今回はそんな『安井酒造場』さんのレポート。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114214927j:plain

酒蔵概要

住宅街にひっそりと

この酒蔵さんがあるのは滋賀県甲賀市甲賀忍者で有名な甲賀市ですが、近江平野がバーンと広がり、約90%が穀倉地帯という滋賀県にはそこで生産される近江米を使った美味しい酒蔵さんがいっぱいあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114214943j:plain

水口城がある市街地から野洲川に沿って東へ、国道1号線がズバッと中心をとおっているので、周辺は賑やかですが一本路地へ入ると静かな住宅地。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114215021j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114215023j:plain

ほんとにこんなところに酒蔵が?

と思えるくらい普通の住宅地なんですが、しっかりと道の前には杉玉が掲げられ、店前にいたおばあちゃんは朗らかに、ようまあこんな辺鄙な蔵に。とそこそこ卑屈なご挨拶にどう返答すればいいのか戸惑います。

そっと寄り添う、そんなお酒でありたい

安井酒造場さんのモットーだそうです。
創業明治17年、現在の杜氏曰く、『酒造り』は簡単に考えたらええんやと教えられたんだそうです。簡単にというのは当然ですが適当にと言う意味ではなく、酒と柔軟に向き合えるという事なんだとか。
これは、こうでなくては、とか難しい型がなく『笑顔がこぼれる美味い酒』を追求するというシンプルなお話ですよ、といっているように僕は解釈しました。
シンプルにうまい酒を追求する、一言ですが究極に難しいお話ですが鈴鹿山系の伏流水、酒米滋賀県産の山田錦、瓶詰やレッテル貼りに至るまで全てを手作業で行うというこだわりを以てその道への求道する由緒ある酒蔵さん。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114220514j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114220517j:plain

 

商品ラインナップ

中へ入ると店主さんと思しきおっちゃんがお出迎え。滋賀県の美味しいと評判の酒蔵さんを巡るのが趣味と伝えると、こんな小汚い辺鄙な酒蔵までよう来てくれはって

何でみんなそんなに卑屈なんでしょう??

商品ラインナップはこんな感じですが、主力ブランドは初桜。純米から大吟醸、古酒や原酒と様々なものがご用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114221005j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114221007j:plain

あと、恐らく季節限定ですが生酒(火入れしていないので、酵母が生きているお酒)の取扱いもあります。玉栄、みずかがみというのは酒米の種類です。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114221356j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114221358j:plain

一つずつ精米の度合いや飲み口、個人的お勧めまで丁寧に教えてくれて、とても好感が持てます。

いざ試飲

もう既に殆ど残ってないやろ?

初桜(みずかがみ)

今回はまず、生酒の初桜。みずかがみ使用のものをチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114221914j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114221919j:plain

日本酒度+14と結構な辛口ですが、生酒特有のすっきりした味わいと、ほんのりした甘さがとても飲みやすいお酒です。性質上どうしても通販などで手に入れにくい生酒、現地に買いに行く特権ともいえるお酒ですが、買いに出向いた甲斐のある一本。
どの道、要冷蔵ですがしっかりと冷やして飲むのが飲みやすさも美味しさにも一番良い選択です。

初桜(玉栄)

こちらも初桜ですが、火入れ、玉栄という酒米使用のものをチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114223016j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114223018j:plain

すっきりしたみずかがみのものと比べすっきりの代わりにコクをプラスした感じ。
飲みごたえがあって、コクがあり、香りと飲み干した後にほんのりと感じる甘み。みずかがみが万人受けしそうなら、こちらはよりお酒好きに好まれそうな一本。 

アクセス

滋賀県甲賀市内国道1号線『大野』交差点を南へ。細い路ですが、目印は店前に出された杉玉。駐車場はすぐ行き過ぎた先にあります。

まとめ

今回はこれで以上です。
この酒蔵さんの取扱いはほぼ『初桜』一本、潔いというよりもその一つのブランドに全力を注いでいるという一種の信念の様なものを感じます。
購入したのは2本ですが、それぞれに特色とこだわりをもって作っていらっしゃるようで、ご訪問すれば自分好みのお酒をきっと紹介してくれることでしょう。