神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ご創建には不思議な伝説が残る『源九郎稲荷神社』

今回は奈良にある『源九郎稲荷神社』のご紹介です。
日本三大稲荷神社に数えられる由緒ある神社なんですが、創建から不思議な説話が残る神社としても有名だったりします。
では、今回はそんな源九郎稲荷神社に一礼。

数々の恋を叶えた陰陽師のパワーストーン

神社概要

神社があるのは金魚で有名な大和郡山市

この神社があるのは奈良県北西部の大和郡山市。金魚と大和郡山城が有名な町なんですが、町並みにはどこか昔の情緒が残る個人的に今一押しの町だったりします。

www.aoimon.net

ご創建の歴史

この神社のご創建がいつなのかはっきりしたことはわかっていないものの、まず源義経からの崇敬が厚く、兄頼朝との戦の際には何度も神社の神様に救われた事から自身の名前である『源九郎』という名前を送ったという伝説が残っていることから、鎌倉期以前に興った神社があることがわかります。

この神社との関連性を示すはっきりしたものがなかったんです☆

また、豊臣秀長郡山城主となった際には老翁の姿をした義経が夢枕に立ち『自分を郡山城にお祭りしてくれれば城の守護神になる』と告げられた事から城内に稲荷社を建立、この時に成立した稲荷神社があります。
その後この神社は江戸中期に現在地に遷され、今日に至っているとのこと。
なので、社名である源九郎神社というのは鎌倉時代に、お祀りされ社殿が創建されたのは戦国時代で、この二社が関連しているのか、別の伝説が義経という共通項で習合したのかは不明ですが、これが現在大和郡山市にある源九郎稲荷神社の創建の歴史と、その名前の由来ということになります。

御祭神

この神社の御祭神は二柱。

宇迦之御魂神様は全国のお稲荷さんでお祀りされているので、疑問の余地はないでしょう。源九郎稲荷大明神は秀長が創建した際にお祀りされた義経の化身のようです。

ご利益

この神社のご利益は

  • 家内安全
  • 商売繁盛
  • 開運招福

特に商売繁盛は大阪の商人の間でも有名だったそうで、昔から多くの参拝者を集めていたそうです。また創建から秀長とのやり取りに面白いエピソードが多数残っていることも印象的で、それらは神社HPで紹介されています。

神社にまつわる伝説 | 源九郎稲荷神社【公式】ホームページ

アクセスなど

この神社のある辺りから市のシンボル『大和郡山城』までは徒歩10分~15分といったところ。どこかに拠点を決めてあとは徒歩で巡るのが効率がいいでしょう。中心の紺屋町周辺には見どころがいっぱいです。

境内散策

ご拝殿・御本殿

境内はごくごく小さなお社ですが、今のご拝殿・御本殿は大正時代に建てられたということなので、結構歴史を感じさせます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200611232658j:plain

花の神社

この神社は花の神社とも呼ばれていて、境内には四季折々花が咲き誇る神社でもあります。今の季節はあじさいが綺麗に咲いています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200611232811j:plain

御朱印

御朱印社務所にていただけます。こちらがノーマルの御朱印

f:id:aoi0730kanon0930:20200611232920j:plain

限定版として、大和郡山らしい金魚の挿絵つきの御朱印もご用意があるそうです。
(書き置きのみ。)

f:id:aoi0730kanon0930:20200611232907j:plain

まとめ

今回はこれで以上です。
こちらは神社自体も魅力的な場所ですが、ここの宮司様は穏やかな人で、気さくに色んなお話をしてくださいます。大阪の商人に厚い信仰を得ていたお話や秀長創建のお話、近くの薬園八幡神社に遙拝所がある話など。
お時間がある方は御朱印を頂きがてら是非そんなお話も伺ってみて下さい。
また、『源九郎狐』演じるからと、市川猿之助さん、中村勘九郎さんなど著名な芸能人の方が参拝に訪れる神社でもあります。
色んな意味で魅力的な神社、大和郡山観光の際は押さえておきたい場所です。