神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

至高の一杯を求めて2:塩ラーメン

前回は美味しく食べられたものの、まだまだ改良の余地ありと裁定が下ったラーメン作り。今回はその第2段です。

www.aoimon.net

あれは失敗の域やろ☆

今回は塩ラーメンに挑戦

というわけで今回挑戦するのは塩ラーメン。なんだかんだ言って塩ラーメンの最高峰ってこれじゃないかと思います。

room.rakuten.co.jp

インスタントやないか☆

40年超を誇る超ロングセラーです。というわけで今回は目指せサッ○ロ一番を考えて行こうと思います。

まずは出汁・かえし作り

出汁作り

今回もまずは出汁作りから始めます。

まずは鯛のアラ。調理前に写真を撮り忘れたので出汁採った後がこちら。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608220843j:plain

こんなグロなのにゃんこも食べてくれないね☆

かつお節。ただの鰹節ではありません、高知で入手したプロ仕様の宗田節。卵かけご飯などそのまま食べても美味しいですが、出汁をとるのにも抜群の効力を発揮してくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608221505j:plain

www.aoimon.net

日付半年前になってるけど。。

基本乾き物に賞味期限は無いと考えています。
この二つを圧力鍋でじっくりと煮込んでいきます。30分ほどで骨まで柔らかく食べれるくらい煮詰めることができる。わずか4,000円程度で買える魔法の調理器具です。
アラと宗田節を取り除いて、更にあさりを加えます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608221958j:plain

できあがったのがこちら。ついでなので、具に使う味付け卵も一緒に作っていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608221735j:plain

これで出汁は完成、個人的に貝で出汁を採ればまず間違いないと思っているので味はこれで問題ないでしょう。

とりあえずここでまサッポ○一番感は全く皆無ですね☆

かえし作り

次にかえし作りです。前回昆布を長く煮込みすぎないように、という学びを得たので今回はかえしに使っていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608222634j:plain

  • 塩:大さじ2
  • 水:ワンカップ
  • みりん・酒・醬油:適当に

雑☆

味見しながら、ちょっと濃いかなと思うくらいに作るとちょうど良いです。
前回切らしていて使うことができなかったこの醬油は手に入れておきました。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608223021j:plain

出来上がったのがこちら。もう少し透明に近い色に仕上げたかったんですが、出汁で薄めるのでちょうど良いでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608222849j:plain

感想・今後の課題

出来上がりはこんな感じになりました。麺はストレート麺を用意。トッピングは出汁をとるのに使ったアサリと出汁と一緒に煮た玉子、50%OFFだったローストビーフ、それにアミエビと葱。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608223118j:plain

味は、美味しくできました。黒い丼なのでわかりにくいかもしれませんが、理想とした見た目は薄く、味はしっかりとしたスープ作りは成功したと言って良いでしょう。
やはり貝を使って取る出汁に失敗はありません。

番外編:出汁の残り

今回は出汁を採った後の食材も無駄にはしません、アサリはラーメンにトッピングしたところ、瞬く間に子供二人が丼4つ分とも平らげてくれました。
まずはアラ。言ってみれば出汁とった残りカスなんですが、まあアラってそういう食べ物ですしね。アラを出汁とかえしを加えてもう一度煮て作ったアラ炊き。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608224352j:plain

何かに失敗した残骸にしか見えないね☆

残った出汁にかえしを加えて冷凍ご飯を煮込んだ雑炊。これは翌日のお昼ごはんでも活躍してくれました。

f:id:aoi0730kanon0930:20200608224701j:plain

温かいときに適量の塩加減で作ると、翌日弁当でもって行き電子レンジでチンすると濃さが2割増しになるので注意が必要です。

考えればわかるよね☆

次は猪か熊かワニで作ってみたいと密かに考えています。

誰も食べてくれないと思う☆

調理工程を見せなければ多分大丈夫です。