神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

うどん・そば・寿司・カレーうどん『つるつる庵十兵衛』

今回は奈良にあるうどん屋さん『つるつる庵十兵衛』さんのご紹介です。
うどん・そば屋さんのメニューって割とどこも似たり寄ったりで特色を感じにくい、そんな風に思ったことはありませんか。

人んちのメニューに対して普通に失礼やな☆

多分出汁の味そのものが完成しているので、逆にその上で手を加えにくいというのが大きい要因の一つと考えますが、今回のつるつる庵さんは割と冒険心旺盛なお店です。

店舗概要

お店は奈良県大和郡山市

このお店があるのは奈良県大和郡山市奈良市からも程近くてアクセスも便利で、何より観光・散策には奈良県有数、金魚の街です。

www.aoimon.net

店内はノスタルジックな定食屋さん

お店は一面田畑の広がる中に道、そしてこのお店だけが立つという不思議なシチュエーションにあります、奈良県あるあるの一つですね。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314223116j:plain

店内もここら一帯の豪農か何かのおうちを改装したかのような風情ある佇まい、座敷があるので子供連れでも落ち着いて食事ができるのがうれしいところですね。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314223129j:plain

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~21時00分
  •  定休日:火曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒639-1101 奈良県大和郡山市下三橋町187−1
  • 支払方法:現金のみ

駐車場は出庫時に合わせて出口に向けて傾けてあるので、余裕があればバックで入庫すると止めやすいです。

メニュー・味

メニューの軸はうどん・そば・寿司

メニューです。お得なメニューをしっかりと見極めないと本能のままにメニューを選ぶとどんどんお高めになっていくんですが、その分だけボリュームがかさましされる構成がなされています。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314223651j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210314223655j:plain

上のメニューは割とオーソドックスなものが並ぶ一方で、アグレッシブなメニューも用意されていたりと、王道と冒険スタイルと、迷わされるところです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314224033j:plain

とろとろ玉子のカレーうどん

出汁巻き玉子が人気でそれをとろとろにしてトッピングしたかれーうどん。裁かなければならない情報が盛りだくさんです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314224342j:plain

うどんそば屋が寿司を出してくれて、玉子料理が得意、そうなればありそうでなかなか見かけないメニュー。ですが、一見オムレツのように見える玉子はやっぱり出汁巻き玉子で、ふわふわでとろとろ。カレーも辛味は感じるけど出汁が効いてて、やっぱりこれは和食なんだと感じさせてくれます。こういう和の御出汁を美味しいと思えた時、それがある意味一番、日本人でよかったと感じられる瞬間ですね。

寿司セット

最近はめっきり見かけなくなってしまったうどん屋さんの寿司、それが両方味わえる定食です。基本に忠実なコシのあるうどんと

f:id:aoi0730kanon0930:20210314224917j:plain

寿司といえばおおよそ思い浮かべるネタばかりで構成される寿司盛り。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314225026j:plain

カレーうどんは遠慮なく食べる癖に俺の寿司は一切食べるなよとくぎを刺してくる8歳児のせいで寿司の味は不明ですが、一つも寄こさないあたりそれが答えだったとも言い換えることが出来るかもしれません。

鉄火巻

こちらもネギトロにトロ鉄火なんかが台頭してしまってすっかり影が薄くなってしまった王道の鉄火巻き。

f:id:aoi0730kanon0930:20210314225514j:plain

味のバランスとか値段とかなんやかんや言うて全部ひっくるめるとこれに勝てる細巻きってそうそうありませんね。

まとめ

今回はこれで以上です。
温かくなれば東も西も南も市街地も俄然観光・散策が捗るのが奈良という土地柄です。
大和郡山は奈良・和歌山を繋ぐうえで重要な通過ポイントであると同時に市自体も良い観光スポットでもあります。奈良散策は全体的に歩き疲れしやすいのでほっこりくつろいで足休められるランチスポットならここです。